日本橋の清掃キャラ「満月マン」に大騒動!
「中の人」が正体明かして「マスコミ取材に怒りの反論」

充実した「満月マン」のオフィシャルHP。ブログでは「弁護士とマスコミの強引な取材への批判」も

日本橋掃除キャラ・満月マンめぐって騒動勃発

東京・日本橋を掃除する善意のキャラクター・満月マンが、今、テレビ・新聞の社会部記者に追われている。

満月マンは、本人のホームページにあるように、「5街道の起点である日本橋をきれいにしよう」と、毎日、黙々と掃除を続けるボランティアである。ネットなどでその活動が伝わって手伝う人が増え、多い日は30人以上となるなど、静かな「日本橋清掃ブーム」を生んでいた。

9月10日には『産経新聞』が、「日本橋から『きれい』発信」「まじキャラ『満月マン』と、大きく報じている。

しかし、満月マンを追う記者たちの関心は別にある。満月マンの正体が、「査察を受けた芸術家ではないか」ということ。脱税疑惑を追っている。

この人物は、大学時代に起業、IT関連、通信販売、デザインなど幾つもの会社を経営していた。今は、代表を退き、画家として個展を開くなど芸術活動を始めている。

査察案件の疑惑の人物が満月マンとされたのは、ある弁護士が、9月16日、満月マンのFacebookに「弁護士の○×です。あなたは○△さんですか」と、メールをしてきたのがきっかけだった。その返事がないということで、弁護士は「取り上げているマスコミに注意喚起しておきます」というメールも送っている。

当該の弁護士は、満月マンとされた芸術家と民事で争っている訴訟の代理人で、それで満月マンの正体を確認したかったらしい。

そして、予告通りに「注意喚起」されたらしいマスコミからの取材が始まった。

満月マン、弁護士とマスコミに怒る!

9月22日、満月マンはブログにこう書いている。

「マスコミは、その事実確認の為、連日、満月マンの『中の人』の正体を確認したいらしく、俺の車を尾行したり、アポなしで突撃取材に来たり、そういう迷惑行為を受けている。日本橋で待ち伏せをしているメディアも多数いる。(中略)そして、通行人とかがいる前で、『満月マン、あなたは○○さんなんですか?』とか、平気でそういうことをインタビューしてくる」

満月マンは、騒動の前、ツイッターに「ふなっしーが究極の動なら満月マンは究極の静」と、書かれたことを明かし、世間を明るくするふなっしーを褒める一方で、「静かな社会貢献という自分の立ち位置に満足している」という趣旨の事を書いている。

「ゆるキャラ」がブームとなるなか、「中の人物」に注目が集まるのは当然のことで、「ふなっしーの年収」が話題にもなる。そうしたなかで生まれた満月マンの脱税疑惑。マスコミが追いかけたくなる気持ちもわかる。

だが、この騒動に音を上げたように、「俺が満月マンだ」と、名乗りをあげた人物がいる。ラッパー、音楽プロデューサー、イベント屋、飲食店経営などさまざまな顔を持つTOMORO氏である。

同氏とは、六本木の東京ミッドタウンで会った。長身で金髪。人相風体はイケイケの若手実業家だが、言葉は丁寧で折り目正しい。聞けば、野球の名門・横浜高校に進んだ高校球児だったという。同期に現在、千葉ロッテマリーンズに所属する涌井秀章投手がいて、「モノが違って勝負にならないことを、高校1年で思い知らされた」と、笑う。

騒動の真相は何なのか。なぜ、今、名乗り出たのか。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら