つながる!ソーシャル時代 ヒト・カネ・コト
2014年10月03日(金) 松岡 由希子

地元の農家と消費者を直接つなぐ、フランス発のプラットフォーム

upperline
The Food Assemblyのトップページ

地域の自発的な地産地消をサポート

世界各地で開催されているファーマーズマーケットやマルシェはもちろん、オーストラリアで開発されたオープンソース型オンラインマーケットプレイス「Open Food Network」の事例でもわかるとおり、地域の農家と消費者をつなぐ取り組みが、オンライン・オフラインにわたって、様々に広がりつつあります。

欧州では、2011年9月に仏南西部のトゥールース(Toulouse)で創設された「The Food Assembly(フード・アセンブリ)」が着実にエリアを拡大し、各地域の自発的な地産地消をサポートしています。

The Food Assembly(仏語名La Ruche Qui Dit Oui!)は、農家と消費者を直接つなぎ、野菜・果物・畜産物・乳製品などの生産物を売買するオンラインマーケットプレイスです。

次ページ 具体的なプロセスとしては、まず…
1 2 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ