賢者の知恵
2014年10月08日(水) 週刊現代

「老後破産」200万人の衝撃第3部 シミュレーションで早わかり 年齢・タイプ別 この先、生きていくのに「かかるカネ」

65歳以上の16人に1人が直面する

週刊現代
upperline

あなたはどのタイプ?

ごく普通のサラリーマンでさえ、老後に「破産」という思いがけない事態に直面している現実。

私たちがつつがなく天寿をまっとうするまで生きるには、いったいいくらのカネがかかるのだろうか。

本誌はファイナンシャルプランナーの横川由理氏の協力のもと、試算を行った。

2ページからの表を見てほしい。

これは、年齢・タイプ別に場合分けした、「平均寿命まで生きていくのにかかるカネ」の金額の一覧だ。

実際には、さまざまな懐事情の世帯が存在するが、ここでは総務省発表の平成21年全国消費実態調査等の統計を組み合わせ、もっとも平均的と思われる収入・支出の推移を選んで計算している。

表では、現在の年齢が50歳から80歳まで、5歳刻みで場合分けし、標準的なサラリーマン男性の世帯(妻は2歳年下と仮定)についてシミュレーションした。

2014年発表の日本人男性の平均寿命は80・21歳。そこで50~75歳の人の場合は80歳まで生きるのに必要なカネを、また現在80歳の人の場合は、90歳まで生きる場合に必要になるカネを算出した。

はじめに、上にあるあなたの家庭のパターン分けチャートをたどってみよう。「START」から、「持ち家か借家住まいか」「夫婦暮らしか単身か」などを選んでいくと、(a)~(e)のパターンの、どれに当てはまるかが分かる。

次に、あなたの年齢にもっとも近い表を選んで、そのなかの(a)~(e)の左側の数字を見てほしい。

これが、あなたが平均寿命まで生きた場合に、とくに贅沢でもなく簡素すぎもしない、標準的な生活を送った場合の支出の合計だ。

たとえば、現在夫が60歳で、夫婦で持ち家に暮らす世帯が、夫が80歳になるまで生活していくために必要な金額は、7538万円〈(3)-(a)の場合〉。

ごく普通の日常を送るためだけでも、これほどのカネが必要になる。

もちろん、この場合、「60歳の時点で7538万円の貯蓄を持っていなければならない」というわけではない。リタイア後といえど夫婦の基礎年金・厚生年金などで収入はあるからだ。

だが、残念ながらやはり現役時代のように、毎年の支出を超える金額を得ることは難しい。生きれば生きるほど、赤字が拡大し、貯蓄を削って生活していかざるを得ないのだ。

次ページ 50~80歳まで、いくら必要?…
1 2 3 4 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事

最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ