新・赤い帝国
中国「最新兵器&脅威の軍事力」

軍事費は世界第2位の約7兆円。
超大国はどこへ向かうのか

 中国・山東省莱蕪市に、日本を射程内に収める中距離弾道ミサイル「東風21」を配備した部隊が存在している―。こんな驚くべき事実が報じられたのは、3月21日のことだ。

'07年11月、防衛交流の一環で、中国軍艦艇としては初めて来日したミサイル駆逐艦『深圳』(東京・晴海埠頭)〔PHOTO〕菊池雅之

 そのニュース・ソースは、東アジア情勢に詳しいカナダの中国語軍事専門誌『漢和防務評論』4月号。同誌によると、中国は'05年、中台関係が悪化したのを受けて、同部隊の配置を決定。

 台湾と戦闘状態になった場合に備え、台湾に与するであろう在日米軍への攻撃力を強化するのが目的と分析されるという。

 中国は遼寧省・安徽省に戦略核ミサイル部隊を、吉林省にも日本を射程に収める中距離弾ミサイル部隊を置いていると言われる。戦争放棄を憲法で謳う日本にとっては、軍事衝突など絵空事に過ぎないかもしれない。だが、"21世紀の赤い帝国"中国は、安閑とした見方をとっているわけではないのだ。

   *

「'10年度の国防予算案は前年実績比7.5%増の5321億元(※日本円に換算して約7兆円)になる」

 中国の国務院前外交部部長(外相)で、3月5日~14日に開催された第11期全国人民代表大会の報道官、李肇星氏は、大会前日(4日)の記者会見で、国防予算案についてこんなふうに明かしてみせた。

 その最大の眼目は、国防費の前年比伸び率が22年ぶりに、一ケタ台に収められたことを内外に強調することだったと思われる。国際社会に対しては年々高まる中国脅威論に配慮した恰好で、国内に対しては「軍事費膨張よりも一般国民の生活改善を」と不満を募らせている層を懐柔する狙いがあったのだろう。

 だが、国防予算が抑えられたといっても、それはあくまで前年比の話。次ページのグラフをご覧いただくと、中国の国防費が最近22年間でいかに急伸したかは一目瞭然である。

 スウェーデンの研究機関、ストックホルム国際平和研究所の調べによれば、世界の軍事費総額のうち、中国は'07年に世界第3位、'08年には同2位に浮上している(※ちなみに日本は'08年5位、'07年7位)。

 内訳を見ると、第1位の米国がダントツの40%強を占め、中国は6%前後に過ぎないのだが、かくも軍事的膨張を続ける中国に対して、諸外国は警戒感を露に。

 米国防省は3月3日に発表した国防省作成の年次報告書に、懸念材料として「中国の国防費が伸び続けていること」を記しているほか、英国国際戦略研究所も'10年度分の報告書で「経済危機のあおりで多くの国が軍備費削減を迫られる中、中国は急速な軍拡を続け、従来の『国土防衛』から『軍事力の世界展開』へと戦略を転換させている」と中国の軍拡路線を分析している。