作り手に大打撃を与え、文化を殺す"違法ダウンロード"の罪は重い!

「FC2」トップページより

スマホ時代、違法アップロード対策にいよいよ本腰

9月25日、警視庁サイバー犯罪対策課などは無職の男ら4人を逮捕し、12人を書類送検した。容疑は著作権法違反だ。男たちは米国に本社がある動画投稿サイト「FC2」に映像を無断投稿(違法アップロード)し、サイトの会員に見せることによって、多額の現金を得ていた。

この摘発劇を、なぜ、テレビをテーマにした本コラムで取り上げるのかというと、投稿されていたのは『半沢直樹』(TBS)や『ルーズヴェルト・ゲーム』(同)、『あまちゃん』(NHK)など各局の番組だったからだ。著作権侵害の被害を受けたのはNHKと民放キー局5社。つまり、全局がやられた。

容疑者の一人は「自宅のパソコンから、約4000回にわたって映像を投稿し、約240万円を得た」と供述しているという。違う容疑者は約10ヵ月間に約1000万円を懐に入れていたと見られる。16人は他人の褌で簡単に荒稼ぎをしていたことになる。

今回の逮捕・送検を受けて、民放連の井上弘会長(TBS会長)はこう声明した。

「違法アップロードは、放送事業者などの経済的な利益を毀損し、コンテンツ産業の健全な発展を阻害する。配信抑止に向けて、具体的な対策を講じていきたい」

これまでテレビ界はFC2などの動画投稿サイトに大きな関心を抱いていないように見えたが、いよいよ本腰を入れて対策に取り組むようだ。

背景にはスマホ時代が本格的に到来したこともあるだろう。各局はスマホやタブレットへの番組配信を次世代の収益の柱にしたいと考えているが、FC2などに権利を横取りされてしまっては、たまらない。FC2はパソコン、スマホ、タブレットのどれでも見ることができる。