本/教養


田端信太郎×本田哲也×佐々木紀彦【第2回】「サラリーマン根性を捨て、本気で考え抜いた人が、人を動かせる時代」
左から、佐々木紀彦氏、田端信太郎氏、本田哲也氏
発売からわずか2ヵ月で5万部を突破し、話題を呼んでいる『広告やメディアで人を動かそうとするのは、もうあきらめなさい。』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)。8月某日、丸善丸の内本店にて、共著者であるLINE株式会社上級執行役員の田端信太郎氏とブルーカレント・ジャパン代表取締役社長本田哲也氏に、「NewsPicks編集長の佐々木紀彦氏が交わり、刊行記念トークショーが行われた。本の中に詰め込みきれなかった「プロとして、個人としてのメディア、マーケティングに対する思い」を語る。

⇒第1回はこちらからご覧ください。 

失うものがない本気の素人こそ、膨大なパワーを持つ時代

佐々木 この本を通じて、読者の皆さんや日本全体の行動をどう変えていきたいと考えていますか?

本田 「今はソーシャルメディアマーケティングが旬だ。だからうちもやらなきゃ!」ではなくて、「どうやったらお客さんが動いてくれるんだろう?」とそもそもを考えるようになってほしいです。人間の本音(インサイト)をしっかり考える。その上に手段として最新のメディアや広告・PRがあると思います。そして、その発想の順番を変えるということを、担当者レベルじゃなくて、ある程度偉い方にもお願いしたいです。会社組織にはトップダウンという流れがありますから、上から変わっていくことで会社全体の動きも変わっていくのではないかなと考えています。

田端 前に書いた本がメディアの作り手に向けて書いたも(『MADIA MAKERS-社会が動く「影響力」の正体』)だったので、今回はメディアの使い手に向けて書いています。

ほとんどの事業会社の人は、広報やマーケティングやメディアというのは難しいものだから、素人は口出しをしてはいけないと思ってる節があるのですが、全然そんなことはないんですよ。難しくないし、口出しもどんどんしてほしいんです。失うものがない素人のマジレスにこそ、膨大なパワーがある時代なので、この本で理論武装をしたことにして、勇気を持って、ぜひ立ち上がってほしいと思います。もちろん私はそういうところからお仕事をいただく立場になるのですが、もっと手強い発注者が増えてほしいと願っています。

本田 本の中にいろんな事例を入れたんですけど、「本当に人を動かしたいと思っている方がいた時には、ちゃんと人を動かせる時代なんだな」と思いました。それがソーシャルメディアのパワーだと思います。昔は「動かしたい」と思う人がいても、テクニカルな面で無理だったり、自分の周りだけは動かせるんだけど……という感じだったんですけど、テクノロジーやメディアの進化によって、本当にやる気のある人は10万人ぐらいならけっこう動かせるよ、という時代になってきました。裏を返せば、動かしたいパワーを持った人がまず存在するということがけっこう大事ですよね。その気持ちにWebがついてくる時代になったんじゃないかな。

広告やメディアで人を動かそうとするのは、もうあきらめなさい。』
著者= 本田哲也、田端信太郎
ディスカヴァー・トゥエンティワン / 定価1,620円(税込み)

◎内容紹介◎

企業発信の情報よりも、売るための世論=空気をつくることが大事と説く『戦略PR』の著者・本田哲也氏と、数々のメディア立上げに携わり、現在大ブレイク中のLINE仕掛人としても知られる田端信太郎氏がタッグを結成。大々的な広告キャンペーンやメディア展開をせずに人を動かすことに成功した事例を、1000人、1万人、10万人、100万人、1000万人、1億人、10億人と、スケールごとに分析。そのヒットの秘密を探っていきます!

⇒本を購入する AMAZONはこちら / 楽天ブックスはこちら