山田肇×吉川尚宏×町田徹 【第5回】 「電波オークションを導入すれば、投資を回収しようというインセンティブが働く」
~日本の電波の有効活用を考える座談会~
[左から] 山田肇さん(東洋大学教授)、司会の町田徹さん(経済ジャーナリスト)、吉川尚弘さん(ATカーニーパートナー)

【第4回】はこちらをご覧ください。

3社体制では「協調的寡占」が起こる

町田: 吉川さんは前回、ソフトバンクが買収したスプリント・コーポレーションによるTモバイルの買収をアメリカ当局は簡単には許さないんじゃないかというお話をした。競争というのは3社か、4社かでは決定的に違うので、4社間の競争体制を維持するのが大切だと指摘して、見事にそれが予言になった。そういう方向性をアメリカ当局が打ち出し、ソフトバンクは買収を断念せざるを得なくなりました。

吉川: まず、アメリカ当局の動きは私の予想した通りでした。アメリカにはベライゾン・コミュニケーションズ、AT&T、ソフトバンクが買収したスプリント、T-モバイルという4社があります。ソフトバンクの主張は、「T-モバイルとスプリントはシェアが低いから2社合併して強い第三勢力を作ろう」ということだったわけですが、当局はそれを認めなかった。

日本の携帯もかつて4社グループだったのが結果的に3社グループになっているわけです。4社と3社では競争の度合いが違います。今のアメリカの状況は典型的なんですが、T-モバイルが一種の価格破壊者になって、非常に面白いサービスを展開して加入者を伸ばしています。こういう状況を見ていると、やっぱり3社よりも4社のほうがいいと当局が考えるのは当たり前なのかな、と。

面白いことに、T-モバイルを買収したいと言っている会社がもうひとつあるのですが、イリアッドというフランスの会社なんです。この会社が面白くて、フランスの第4のキャリアなんですね。フランスでは、オレンジ(フランステレコム)、SFR、ブイグ・テレコムという3社に加えてこのイリアッド・・・ブランド名がフリーという会社なんですが、この4社目の会社が2年くらい前から出てきています。

この会社はネット販売とか低価格路線を打ち出して、フランス国内で急激にシェアを伸ばしてきています。そうやってフランスでは従来3社体制だったのを4社体制にしたという経緯がある。その会社がさらにアメリカの第4のキャリアを買収するという名乗りを挙げている。こういう動きがありました。

だからアメリカ当局としては、T-モバイルをそのまま生かしておきたいというのもあるんですが、場合によってはイリアッドというフランスの会社がT-モバイルを買ってもいいと思ったんでしょう。そうすると価格競争が起きるだろうと想定したと思うんです。だから、当局は簡単には許さないだろうなと考えていたら、やっぱりそういう事態になった。

町田: 結局、3社と4社では、3社になった途端に・・・まあ、露骨にやるかどうかとは別にして、カルテル的な体制になりやすいということですね。