「ある」もの尽くしの東京から、「ない」ものだらけの土地へ---慶應大休学、津和野で学ぶ

島根県津和野町と、岡山県和気町でまちづくりの活動に取り組む「FoundingBase(ファウンディングベース)」。この取り組みの面白さは、都市部の若者が地方に移住し、その地方のいち住民となり、地元の人々と協力しながら、地道に一歩一歩、取り組みを進めているところだ。

この取り組みに参加する若者たちは「ある」もの尽くしの東京から、「ない」ものだらけの津和野町や、和気町に移り住む。彼らは、何故、地方を選んだのだろうか。今回は、慶應SFCを休学して4月から津和野に移り住み、観光分野で新規事業を立ち上げようとしている島袋太輔さんに話を伺った。

沖縄生まれ、徐々に芽生えた地元への愛着

津和野町で伝統芸能鷺舞に参加する島袋さん

---まず、小さい頃からこれまで、FoundingBaseに参加するまで、どんな人だったかを教えてもらえますか。

島袋:自分は、沖縄で生まれました。姉ちゃんと2人兄弟で、母子家庭だったこともあり、おばあちゃんに育ててもらいました。小さい頃は、思い切った決断を自分からするようなタイプではなくて、いつも姉ちゃんの後ろに付いて行っているような、あんまり目立たないタイプ。知らない環境に飛び込むことが苦手で、新しい環境や、初めて出会う人は苦手でしたね。

---え! それなのに、FoundingBaseに? 津和野は、新しい土地だし、初めて出会う人ばかりですよね。

島袋:ずっといままでそうだったわけじゃないですよ。中学校の頃の話です。高校に入ってから、アメリカに短期留学するプログラムに友達と参加したりして、徐々にそういった意識は薄れていきました。

アメリカでの経験がすごく楽しくて、それまで避けてた課外活動とかにもっと参加してみようって思ったんです。それで、高校にあった地域政策研究部っていう部活に入って活動していました。

高校時代、仲間と写る島袋さん

---それって、どんな部活なのですか。初めて聞いたのですが。

島袋:沖縄の伝統芸能について学んだり、地域の課題について考えたりする部活だったんですよ。と言っても、そんなに真面目で、難しいことじゃなくて、実際やってたことって、地域の伝統芸能の「エイサー」や「うずんびーら」を練習をしたりしてました。

端的に言うと伝統芸能の継承活動ですね。その中で地元のおじいちゃんやおばあちゃんがいる集会所へ行って、地元の人たちとの交流してました。おばあちゃん子だったって言うのもあるのか、それがとても楽しく感じて。

それまで「沖縄なんて田舎だからつまんねぇな」って笑。県外に早く出たいって思ってたんですが、案外沖縄も良いかなって、愛着が出始めたんですよね。

そして、そこから沖縄の抱えてる課題にも目を向けるようになって、沖縄の基地問題について自分で調べたり活動するようになりました。調べていくうちに、沖縄以外の地域(長崎など)の人たちとも意見交換したんですが、自分の世界の、視野の狭さを思い知らされました。同じ問題なのに、こんなにも意見が違ったりするんだ、って。そのころから、政治とか、地域の課題解決とかに興味を持ち始めましたね。

---高校生が、政治、ってすげえ。当時の俺にたいすけの爪の垢を煎じて飲ましてやりたいわ(笑)

島袋:いや、そんなすごいことじゃないですよ。当時は高校生でももっと政治とかに関わるべきだなって考えて、議員インターンを組んだりもしました。沖縄の高校生を集めて、那覇市の助成金をもらって、国会・県議会・市議会議員のもとでインターンするというプログラムを友人らと一緒に作ったりして、なんというか、ゼロから自分たちで作り上げたんで、すごく達成感があって。そんな経験をもとにAO入試で慶應のSFCに入学したのです。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら