11月中間選挙とヘッジファンドの決算期に向けて
「ドル高・円安」はスピード調整

9月初旬以降、為替市場でドル高・円安が急速に進み、1ドル110円の水準が射程に入ったと見られる。

この背景には、日米の金利差が拡大していることがある。日米の金融当局のスタンスを見ると、今後も金利差は拡大する可能性が高い。

金利差の拡大に注目して、ヘッジファンドや為替ディーラーなどはドル買い・円売りのオペレーションを積極化している。そうしたオペレーションを見ると、当面、ドル高・円安のトレンドに大きな変化はないだろう。

一方、ドル高・円安のペースが急だったこともあり、どこかの時点で投機筋が利益確定のドル売り・円の買い戻しを行うことが想定される。その場合、ドル高・円安の動きが短期的にやや反対方向に動くことも考えられる。

米国の中間選挙時、ドルは強すぎない方がよい

為替市場の参加者にとって、気になる要因の一つに11月の米国中間選挙がある。中間選挙では上下両院議員の選挙が行われるため、米国にとって極めて重要なイベントである。その選挙で勝利するためには、ドルがあまり強すぎない方がよいだろう。

ドルが強くなることは、米国の輸出企業にとってはマイナス要因だ。為替要因で輸出企業の業績が悪化すると、政府の経済政策の運営に批判が強くなることが想定される。それは明らかに、政権政党である民主党には逆風となる。

オバマ政権の本音は、米国経済の回復を象徴する程度の“ほどほどのドル高”が好ましいはずだ。政府が直接、為替動向のレベルについて言及することはないだろうが、市場参加者は敏感にそれを感じ取るはずだ。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら