[プロ野球]
佐野慈紀「新人王は誰の手に!?」

 プロ野球もリーグ優勝争い、クライマックスシリーズ進出争いが佳境に入ってきましたが、もうひとつ、この時期にプロ野球ファンが注目するものがあります。それは、新人王争いです。今季も投手陣に注目が集まっていますが、果たしてプロ野球人生で一度きりの栄冠に輝くのは誰なのでしょうか。今回は候補選手を取り上げてみたいと思います。

パの最有力候補は西武・髙橋か

 まずパ・リーグですが、昨季は則本昂大(東北楽天)のひとり勝ちでしたが、今季はどんぐりの背比べ状態で、それほど差はありません。そのなかでも頭ひとつ抜けているのが、石川歩(千葉ロッテ)でしょう。24日現在、24試合に登板し、9勝8敗、防御率3.64という成績です。大崩れせず、安定したピッチングが定評を得ています。しかし、だからこそ私はもう少し強気のピッチングを期待していました。

 23日の北海道日本ハム戦を見ても、そうです。確かに勝ち投手とはなりましたが、7回途中9安打4失点。思い切ってストライクゾーンで攻めるのではなく、コントロールを重視したうえで力んで甘く入ったところを痛打されるという内容でした。前半戦で6勝を挙げた石川ですが、1年目ということもあって、思った以上のプロの厳しさを感じ、徐々に慎重なピッチングとなってきたように思います。最終戦での登板があるようですので、最後は新人らしい思い切りの良さを出して、勝負して欲しいですね。

“シンデレラボーイ”として、今季台頭したのが3年目の上沢直之(北海道日本ハム)です。これまで2年間は一度も一軍での登板はなかった上沢ですが、今季は初登板初先発から3連勝するなど、先発ローテーションの柱のひとりとしてチームに貢献しています。187センチの長身から投げ下ろすカーブは落差があり、あれだけスピードを抑えられた球を放るだけの勇気は称賛に値します。

 しかし、徐々に黒星の数が増えていることも事実で、好投したかと思えば、次の試合では序盤に失点して早々に降板するなど、良かったり悪かったりを繰り返しています。最初は自分のペースで投げることができていた上沢ですが、徐々にプロの怖さを感じ始めたのでしょう。コントロールで勝負しようとするあまり、四球を出したり、逆球を投げて痛打されたりする場面が増えてきたのです。まだ不安定さがぬぐえない真っ直ぐを、試合中で修正できるようになれば、さらなる活躍が期待できるはずです。

 上沢とチームメイトのルーキー浦野博司も8月には3勝をマークし、新人王争いに割って入ってきました。今の若い選手は物怖じしません。ペースをつかみ、勢いにさえ乗れば、どんどん上がっていきます。浦野もそんなタイプのピッチャーです。しかし、打者からすれば、もうひとつ怖さを感じられないピッチャーでもあると思います。

 その点、迫力あるピッチングをしているのが、2年目の髙橋朋己(埼玉西武)です。石川、上沢、浦野が慎重さを見せている一方で、髙橋は若手らしい投げっぷりを見せてくれています。球種はほとんど真っ直ぐとスライダーの2種類ですが、それでも打者を抑えられているのは、同じ腕の振りと角度からボールが来るからです。そして、腕のしなりが良く、リリースポイントが打者に近いので、タイミングが取りにくいのです。24日現在、59試合に登板して、2勝1敗26セーブ、防御率1.84。個人成績だけを見れば、彼が新人王の最有力候補と言ってもいいかもしれません。