雑誌
「子供を産めたら、オレだって大臣になれた」嫉妬と本音の自民党の男性議員たち「女は得だなあ」「オフレコ発言」全部書く!
——「小渕優子なんて……」、女だらけの内閣に、あ~あ、言っちゃった
〔PHOTO〕gettyimages

地道に頑張って当選を重ねてきた。次こそは入閣と思っていた。それなのに……。安倍総理の「女性登用」で、大物たちが歯ぎしりし涙を呑んだ。男の嫉妬はカッコ悪い。だが、それだけに恐ろしいのだ。

「これ、逆差別だろ!」

「人事ってのは、喜ぶ人が1人いればその裏で4、5人は悲しむ人がいるもんだ。だが、これはそんなもんじゃすまない。1人の女性閣僚のせいで、10人が泣かされているんですよ!」

こう言って憤るのは、先日安倍総理が行った内閣改造で、「入閣待機組」の中でも登用が有力視されていながら、選から漏れたある自民党ベテラン議員だ。

小渕優子経産大臣ら5人の女性閣僚誕生に加えて、稲田朋美元行政改革担当大臣が党三役のうち政調会長に就き、内閣支持率は10ポイント以上も急上昇。安倍総理も「私の感覚では『女子力開花内閣』」と自画自賛した改造人事だった。

しかし、総理はご満悦でも、衆参合わせて60人近い「入閣待機組」の自民党男性議員からは、恨み節が一向にやむ気配はない。冒頭と別の議員たちもこう不平を唱える。彼らはいずれも衆議院当選6回以上のベテランだ。

「私だって8月には、地元紙で『入閣確実』と出ていたし、周囲からも『間違いない』と言われていたんです。それがフタを開けてみれば、何の経験も実績もない女性議員がポンポン大臣になっている。あれのどこが、誰が見ても納得できる人事なんですか?

中には有村治子(女性活躍担当大臣)みたいに、病気で休んでいたにもかかわらず、復帰していきなり大臣になったのもいる。おかしいでしょう。実力がないのは明らかなのに、女性で総理と考え方が近いってだけで選ばれたんですよ。しかも安倍総理は、入閣させなかったベテランを、党や国会の人事で処遇する素振りすら見せなかった。まったくナメられたもんです」

「能力があるから使うってことならかまいませんよ。でも、今回は『女性を最低5人入れる』と最初に決めておいてから、ムリヤリ数合わせをしただけ。自民党内には女性議員は1割しかいないのに、閣僚の3割を女にするって、どう考えても逆差別じゃないですか。

ベテラン勢の間では『オレたちもスカート穿こうか』『オレも赤ちゃんが産めたら、大臣になれたのに』なんて苦いジョークが飛び交っています。内心ではみんなカンカンです」

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら