川口マーン惠美「シュトゥットガルト通信」

「ドイツ政府の直接援助なしには、エボラとの戦いに敗北する」 呑気な先進国とアフリカの悲痛な現状

2014年09月26日(金) 川口マーン惠美
upperline
〔PHOTO〕gettyimages

収束の兆しが見えないエボラ熱

アフリカにおけるエボラ熱の流行が、大変な事態になっている。WHO(世界保健機関)のマーガレット・チャン事務局長は12日、新たな感染者の発生が拡大阻止のペースを上回る規模で進んでいるとして、深刻な危機感を表明した。リベリアでは、これ以上の新たな患者を収容するためのベッドがないそうだ。

死者と感染者の数は、ニュースを読むたびに増していく。19日の発表では、死者2600人、感染者5600人を超えた。ただ、本当の数字はこれよりずっと多いことは間違いない。しかも、収束の兆しがまるで見えない。

18日には、国連の安保理事会は緊急の会合を開き、エボラ熱鎮静のための決議案を全会一致で採択した。エボラ熱はこれにより、「国際社会の平和と安全にとっての脅威」と位置付けられた。

ニュースによると、リベリアで援助活動をしている『国境なき医師団』の医者が、動画中継を通じて安保理のメンバーに向かって現地の壊滅的な実情を直接訴えたという。エボラ熱の感染者を救うために命を懸けて戦っている人間の、「今、国際社会が立ち上がらなければ、我々は全滅する」という悲痛なSOSに、安保理の面々は動揺し、決議案は劇的な雰囲気の中での採択となったという。安保理が、伝染病に関する決議の採択をおこなうのは、とても珍しいことだ。

決議案の採択は、米国の主導で実施された。米国は力に任せた独善的な行動が多く、それを変に倫理的に色づけするものだから、しばしば腹が立つが、この国は立派なことも多くしてきた。今回は、エボラ熱が蔓延しているアフリカ諸国に、援助のための軍隊を差し向けるという。

オバマ大統領が8日にNBCに語ったところによれば、隔離施設を設置し、まず国際協力者たちの安全を確保する。彼らの安全が保障されなければ、事は進まないし、現地で援助活動に参加しようという医療関係者も増えない。

次ページ 現地の混乱は、私たちの想像も及…
1 2 3 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事