[裏方NAVI]
田村尚之(トレーナー)<後編>「平井門下生の活躍にトレーニングあり」

「これまでいろいろな競技のトレーニングを見てきましたが、平井(伯昌)先生のようなコーチは皆無に等しいですよ」
 北島康介をはじめとする世界のトップスイマーを育ててきた平井に対し、トレーニング指導員の田村尚之は尊敬の念を抱いている。それはトレーニングに対する平井の驚くほどの熱心ぶりにあった。

「コーチは毎日、選手ひとりひとりの練習プログラムをつくらなければいけません。ふつうはそれだけで精一杯のはずなんです。ところが、平井先生は睡眠時間を削り、プログラム作成の時間をスライドさせてまで、トレーニングの時間も選手に付き添う。今は大学の仕事もあってなかなか来られなくなりましたが、以前は毎回トレーニングルームに顔を出していましたよ」

 そんな研究熱心な平井の存在があったからこそ、競泳界ではタブーであったウエイトトレーニングの成果が競泳に結びつき、北島らメダリストが誕生した。田村はそう考えている。

 競泳選手を初めて指導する田村にとっても、トレーニングルームに毎回現れる平井の存在は大きかった。
「平井先生は水中練習の時の動きや様子について、いろいろと教えてくれるんです。だから私も選手の気になる動作に対応しやすかった。『トレーニングではこういうところが変わってきているんですけど、もしかしたら水中ではこういう動きをしていませんか?』と聞くと、『そうそう、その通り』なんてことも少なくありませんでした。お互いにフィードバックし合って、情報を共有していたのが大きかったですよね。『じゃあ、トレーニングではこうしていきましょうか』という話がすぐにできましたから」

 平井からのフィードバックによって、田村は競泳について深く知ることができ、そのために効果的なトレーニング方法が生まれたことも少なくなかったという。平井との毎日やりとりの中で、新たなものをつくりあげていくという作業は、田村にとっても刺激的であった。