スポーツ

[虎四ミーティング~限界への挑戦記~]
鈴木明子(プロフィギュアスケーター)<後編>「病を乗り越える力となった愛情」

2014年09月26日(金) スポーツコミュニケーションズ

二宮: 鈴木さんは、6歳で本格的にフィギュアスケートを始められたそうですが、きっかけは何だったとか?
鈴木: はじめは水泳、習字、絵画と同じく、習い事のひとつとして、スケート教室に入ったんです。

二宮: 習い事のひとつとして選んだのは、お母さんがフィギュアスケートを好きだったから?
鈴木: いえ、そうではないんです。その頃は、今みたいにスケート選手がたくさんいるわけではなかったので、地元の豊橋(愛知)にあったスケートクラブが、小さい子たちに「スケートやらない?」と勧誘をしていたんです。それでいとこがスケート教室に行くというので、私も見学にと一緒に連れて行ってもらった。最初はくるくる回っていたり、スカートがかわいかったので、単純にそれだけで“自分もやりたいな”と思いましたね。

二宮: 愛知県は数々の名選手を輩出していますが、やはり地元ではスケートは盛んだったんですか?
鈴木: そうですね。やはり伊藤みどりさんの影響はすごく大きかったと思います。特に名古屋は習い事として、フィギュアスケートをやらせるケースが多かった。私の親の世代がみどりさんを見てきているので、フィギュアへの関心も高かったのではないでしょうか。

二宮: アルベールビル五輪で銀メダルを獲得し、女子選手で初めてトリプルアクセルを成功させた伊藤さんは、鈴木さんの目から見てもすごかった?
鈴木: 天才だと思います。実際、未だにみどりさんを超すジャンプの技術を持つ選手は出てきていません。私自身は直接演技を見たわけではないのですが、それでも映像などで見直すと、そのすごさに驚きます。

1
nextpage


Special Feature