"旅行"を通じて、隔離された社会課題の現場のインフラを整備する

安部敏樹(あべ・としき)
一般社団法人リディラバ代表理事/マグロ漁師/東京大学大学院博士課程
みんなが社会問題をツアーにして発信・共有するプラットフォーム『リディラバ』を2009年に設立。600名以上の運営会員と60種類以上の社会問題のスタディツアーの実績があり、これまで2000人以上を社会問題の現場に送り込む。また都立中学の修学旅行や企業の研修旅行などにもスタディツアーを提供する。その他、誰でも社会問題を投稿できるwebサービス「TRAPRO」や「Travel the Problem」の開発・運用なども行い、多方面から誰もが社会問題に触れやすい環境の整備を目指す。2012年度より東京大学教養学部にて1・2年生向けに社会起業の授業を教える。特技はマグロを素手で取ること。総務省起業家甲子園日本一、学生起業家選手権優勝、ビジコン奈良ベンチャー部門トップ賞、KDDI∞ラボ第5期最優秀賞など受賞多数。第2回若者旅行を応援する取組表彰において観光庁長官賞(最優秀賞)を受賞。
 

社会課題が解決されない3つの壁

さまざまな社会問題が解決されない原因は、構造的には共通しており、いくつかの壁が存在する。

第一に関心の壁。第二に情報の壁。第三に現場の壁である。

「関心の壁」というのは本連載第1回で述べた通り、多くの人の興味・関心が社会課題の現場に向かないことである。しかし仮に、僕たちがそれらに関心を持ったとしても、社会課題と僕たちの間にはまだ大きな壁が2つある。関心の壁の次にやってくるのが「情報の壁」だ。

そもそも社会課題に関する情報は絶対量が少ない。課題の当事者やその支援者たちは余裕がなく、情報発信に長けている人も少ない。すると、どうしても課題の現場の情報がインターネットや紙媒体を通して出てくる頻度は下がる。さらに、そういった情報が集積する場所もないため、一般の非当事者が社会課題の情報に辿り着きにくくなってしまっている。これが情報の壁だ。

仮に関心を持って情報に辿り着いたとしよう。たとえば、ホームレス状態にある人々の課題について考えたとき、関心もあり情報も一定のところまで手に入れたとして、あなたは明日駅で見かけたホームレス状態にある人に話しかけられるだろうか。

多くの人は躊躇すると思う。「そもそも声をかけてもいいものなのか?」「怖くはないか?」「失礼には当たらないか?」といった疑問が生まれてくるだろう。そして、それらの疑問には答えがないことも多い。

誰かがアレンジして、それが「行ってもいい場所」「話しかけてもいい人」にならないと多くの人がその現場に行けることはない。これが「現場の壁」だ。

現場の壁に関してもう一つ例を示してみよう。以下の写真を見てほしい。これは何の写真だろうか。少し自分で考えてみてほしい。

だいたいの人は「茶畑」と答える。正解だ。ただ、社会課題の視点で見るとこれは、単なる茶畑ではなく「耕作放棄地」の写真なのだ。

手前に見える茶畑を数年放置すると奥の森のような状態になる。これは日本のありとあらゆる中山間地域で今起きていることだ。こうした耕作放棄は、里山の管理を困難にし、森の荒廃を促す。するとさらに、獣害(鹿やイノシシといった山の動物が人々のいるところに降りて来て農作物を食い荒らしたり人を襲ったりする被害のこと)という目に見える形で我々にダメージを与える。

大事なのは、僕らがこの写真を見るだけでは、あるいは何も知らない人だけで現場に行くだけでは、こういった現状を知ることは出来ないし、何が問題なのかも分からないということだ。おそらくこういった里山の横を車で通ってもそこに社会課題をイメージできる人は少ないだろう。

だから僕らリディラバは、現場に行く際には、現場の関係者や当事者・支援者とパートナーシップを結ぶようにしている。彼らの口から、目の前の課題について説明を受けることではじめて課題を知ることができると僕らは思っている。

森林への「鹿の食害」の現場 ※https://traveltheproblem.com/tours/28

先述の通り、社会問題が存在し取り組む人がいても、多くの人は無関心のままだ。たとえ関心を持ったとしても、正確で網羅的な情報に辿り着くのは難しい。さらに関心を持ち、情報を得ることが出来ても、実際に自分も取り組むに至るまでの当事者意識をもたらす現場に行くのは至難の業である。

その難しさを一つずつ取り除いていくことで、社会課題を少しでも多くの人に身近なテーマに感じてもらえるようにしたい。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら