賢者の知恵
2014年09月28日(日) 林 寛之

医者もなかなか分からない心筋梗塞---年間2万人が訪れるERを率いる医師が教える 医師でも間違える病気・ケガ・薬の新常識(1)

upperline
〔PHOTO〕gettyimages

「心筋梗塞=胸が痛い」とは限らない

「心筋梗塞は死ぬ程胸が痛くてつらいんでしょ?」と思っているとそれは間違い。

典型的な心筋梗塞はタバコを吸う中年男性で、手のひらや握りこぶしのサイズで胸の圧迫感がでます。心筋梗塞の痛みは、叩かれたり刺されたりするような鋭い痛みというより、鈍い痛みで圧迫感や喉が詰まった感じ、象が胸にのっかった感じと表現されます。

中には昼食べた鶏肉が胸につっかえていると訴えて冷や汗流して来院した心筋梗塞の患者さんがいらっしゃいました。お昼に食べたものが夜になって逆流してきたというのですから、素人解釈がいかに危ないかがわかります。

ただこんなにわかりやすいものなら医者なら誰も見逃したりはしません。典型的心筋梗塞なんて心筋梗塞全体の1/4くらいしかないのです。

実は、非典型的心筋梗塞が全体の6~52%を占めるといいます。特に女性の心筋梗塞は医者でも見逃しやすいです。なんと女性の心筋梗塞の43%は胸痛を訴えないから医者泣かせなのです。

(1)胸以外が痛いという落とし穴……放散痛に騙されるな!
心筋梗塞の痛みは必ずしも胸が痛くなるとは限らないから厄介です。放散痛と言い、胃や肩、腕、喉、背中、時には歯が痛いという人までいます。

「Dr・林の30cmの法則」といい、心臓を中心に半径30cmの範囲で痛みがあり、冷や汗が出ている場合は心筋梗塞も考えないといけません。冷や汗は体が戦闘態勢に入っているという証拠であり、危険な徴候なのです。

特に、胃が痛いと訴え、嘔吐している場合は、やはり胃の病気が多いのですが、それでも冷や汗を伴う場合は、心筋梗塞を思いつくかどうかが運命の分かれ道です。安易に胃カメラをすればいいと考えずに救急病院に走ってください。

心臓の痛みなのに肩や腕が痛くなることがあります。特に両肩や両腕が重くてだるい、痛くてたまらないと思ったら要注意です。心臓は左にあると思っている人が多いですが、心臓は胸の中央にあり、心臓の先(心尖部といいます)が左に伸びているだけです。この心臓の痛みはむしろ右肩や右腕に出ることの方が多いので、左肩や左腕の痛みじゃないから大丈夫と思ってはいけません。

凍結肩(五十肩)なら痛みのせいで肩を挙げることもできませんが、心筋梗塞はスムーズに肩を挙げることができます。

(2)痛みはないという落とし穴
痛みを訴えない心筋梗塞があり、その場合は、嘔気・嘔吐、全身倦怠、息切れなどを訴えます。糖尿病を長く患うと神経が鈍感になるため心筋梗塞になっても痛みがわからないことがあり、ひたすらだるくてダメと訴えることがあります。だから医者は糖尿病の患者さんがだるいというと心電図をとることがあります。

救急を生業にしている私であっても、高齢女性で糖尿病患者さんの場合は何度も見逃しそうになって痛い目に会いました。

次ページ 厄介なことに痛みを訴えない心筋…
1 2 3 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事