2014年通常国会版「三ツ星&二ツ星国会議員」全氏名を発表

議員の国会での活動データから国会議員を三ツ星で評価

9月15日、東京都港区の虎ノ門ヒルズで、「三ツ星国会議員」の表彰式を行った。

三ツ星議員として、井坂信彦議員、大熊利昭議員、小池政就議員、中島克仁議員、畑浩治議員、柚木道義議員が出席し、NPO法人「万年野党」の田原総一朗会長から盾を受け取った。

今回表彰されたのは、6月まで行われていた2014年の通常国会である186国会で、「質問回数」「質問時間」「議員立法発議件数」「質問主意書提出件数」など、国会議員の国会活動の「量」について、それぞれのカテゴリーで星を獲得し、最高位の三ツ星として評価された議員たちだ。

「優秀な国会議員とは」と考えた際には、様々な視点があるだろう。とくに政治家からは、「質問など量だけ多ければ良いというものではない」などとの指摘もよく受ける。しかし一方で、国民の政治に対する意識は、決して高いものではなく、むしろ関心すらないという人たちが数多くいるというのが現状ではないかと思う。

評価する以前に、知っている政治家すら少ない国民の視点からすれば、多くの方にとっての一流の政治家と言えば、「テレビによく出ている政治家」という程度の認識である事も多い。

最近の若者たちは、新聞はおろか、テレビすら見なくなってきており、こうした政治家と有権者の溝はさらに深いものになってきていると言える。若者に限らず、政治に関する無関心は広がっており、国政選挙の投票率は低下しており、衆議院総選挙では、1946年以来最低の59.32%まで落ち込んでいる。

こうした問題の背景には、政治現場からの情報の発信や、メディアの取り上げ方にも問題がある様に感じる。選挙おいては、自らの生活や未来のために、政治家や政党を評価し、判断する必要がある訳だが、多くの人たちは、こうした事に対して、そもそも関心がない。さらに輪をかけて悲惨な事に、評価しようにも評価するための基礎情報が、あまりにも共有できないという事がある。

こんな状況下、まず第一に、政治や政治家に関して、客観的な指標で評価できる1つの基準として、国会議員の活動データをまとめて公表しようと考えたわけだ。さらにこうした情報について、これまで関心のなかった層までもが興味を持ちやすい形で提供していく必要がある。

こうした考えから作成を始めたのが、レストランガイドの様に国会議員を客観的なデータを元に三ツ星で評価する『国会議員三ツ星データブック』である。

三ツ星議員の表彰式を行った9月15日のシンポジウムの中でも、一般の国民の視点で、一般国民のバックアップによって、政策監視や政策提言、さらには議員の監視も行っていかなければいけないと話をしたが、まさに、こうした活動につながって行く、1つの基準になって行けばと思っている。