9月30日開催、アル・ゴア元副大統領による「サスティナビリティ」講演会に『現代ビジネス』有料メルマガ購読者10名様を無料でご招待

 ロンバー・オディエグループは、元アメリカ合衆国副大統領であり、環境活動家であるアル・ゴア氏を東京に招き、「サステイナビリティ(持続可能性、継続する力)」をテーマにしたアフタヌーン・ティーを開催します。

ロンバー・オディエは、ジュネーブに本拠を置く最古のプライベート・バンク。アジアにおいても20年以上前より事業を展開し、常に革新的な手法を取り入れながら、お客様より託された資産を守り育て、次世代へ引き継ぐお手伝いをするという第一の使命に忠実であり続けています。そして、創業から200年以上に亘る時代の中で「サステイナビリティ」こそが、経済成長や次世代の繁栄に不可欠であると提唱しています。日本においても、「サステイナナビリティ」という価値観は、今日ある国土や資源がこの先数世紀にわたり、世界中の人々の幸福を形つくるという考えに基づき醸成されています。

 そしてこの度、東京において長い歴史を持つパレスホテルでアフタヌーン・ティーとして、「サステイナビリティ」をテーマに世界的規模のチャレンジとその責任について、アル・ゴア氏とともに語らう会を開催します。

 このイベントへ、現代ビジネス有料メルマガ古賀茂明と日本再生を考えるメールマガジン」「佐藤優直伝『インテリジェンスの教室』」「現代ビジネスBRAVE」「週刊SUPER Shimaji-Holic」を購読されている方から、抽選で10名様をご招待します。

ロンバー・オディエ主催 アル・ゴア氏を囲んでのアフタヌーン・ティー 
「世界的規模の課題と私たちの責任」

【日程・場所】
日時:2014年9月30日(火) 13:00~16:20
会場:パレスホテル東京「葵」
〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-1-1
℡ 03-3211-5211
http://www.palacehoteltokyo.com/access/
【申込み】こちらより申込みページにお入りください。

応募締切:2014年9月25日(木)10:00
※参加費無料 
※応募多数の場合は、抽選とさせていただきます。
※会場内での撮影、録音は一切できません。
※転売目的でのご応募は固くお断りします。
【スケジュール・予定】
13:00 受付開始
13:30 開会 /ロンバー・オディエグループ マネージング・パートナー クリストフ・ヘンチ
ロンバー・オディエ信託株式会社 代表取締役 小島三津雄
13:45 米元副大統領アル・ゴア氏による基調講演 /「世界的規模の課題と私たちの責任」
14:40 アフタヌーン・ティー
15:25 パネルディスカッション/サステナビリティについて-ビジネス、教育、 投資などの分野におけるニューリーダー達で話し合いします。
16:10 閉会のご挨拶 /ロンバー・オディエグループ アジア代表 兼  ロンバー・オディエ信託株式会社代表取締役社長 ヴィンセント・デュアメル
ロンバー・オディエ信託株式会社シニア・マネージング・ダイレクター 平野圭一
16:20 閉会

講演者、モデレーター、パネリスト経歴

アル・ゴア アメリカ合衆国元副大統領
米元副大統領アル・ゴア氏は、ジェネレーション・インベストメント・マネジメント社および地球環境リアリティー・プロジェクト(NPO)の設立、運営に携わっています。このNPOでは、地球環境問題解決に向けた活動を続けています。下院、上院議員を経て、副大統領を2期(1993-2001)務めた後、企業、 NPO運営の他、環境問題に関する著書を多く執筆し、世界的なベストセラーにもなりました。また、地球温暖化問題の啓蒙活動に対する貢献により、2007年にノーベル平和賞を受賞しました。
ヴィンセント・デュアメル
ロンバー・オディエ グループ アジア代表 兼 ロンバー・オディエ 信託株式会社 代表取締役社長 ヴィンセント・デュアメルは、2005年よりゴールドマン・サックス香港のマネージング・ディレクターとして、日本を除くアジア地域の投資運用ならびに公的機関の営業を管掌しました。その後アジア最大級のファミリー・オフィスで最高経営責任者を務めたのち、現職にいたります。上記の傍ら、2000年から8年にわたり証券アナリスト(CFA)協会理事を務め、2006年には理事会の副会長、2007年には会長を歴任しました。現在、香港の証券先物委員会(SFC)諮問委員、香港財務報告審議会(FRC)の一組織である業務監督委員会(OOC)のメンバーでもあります。
デイビッド・ブラッド
ジェネレーション・インベストメント・マネジメント社 シニア・パートナー
デイビッド・ブラット氏は「ジェネレーション・インベストメント・マネジメント」社の創業者かつ共同経営者です。前職のゴールドマン・サックス・グループに18年間在籍し、1999年から2003年は、ゴールドマン・サックス・アセットマネジメントの最高経営責任者を務めました。 ブラッド氏は、ハーベスト・パワー、ニューフォレスト、シャイン、ソーシャル・ファイナンスUS、そしてザ・ネイチャー・コンサーバンシー等の地球環境問題にかかわる財団や大学の理事、評議委員を多数務めております。ハミルトンカレッジよりB.Aの学位及び、ハーバード・ビジネス・スクールよりM.B.A.取得。
岡田 昌治
九州大学教授、国際法務室副室長
1979年東京大学法学部卒業後、電電公社に入社。ワシントン大学(シアトル)経営大学院にて経営学修士号(MBA)取得、米国ニューヨーク州弁護士資格取得。NTTグループ、特に米国子会社のNTTアメリカ(NY)、インターネット・ビジネスのNTT-Xなどにおいて国際法務を中心に幅広くNTTの国際ビジネスを担当。 NTT退職後、2002年より九州大学法科大学院にて「契約実務」、「インターネットと法」、「国際企業法務」等の講座を担当するとともに、知的財産本部において産学官連携の推進に携わりました。また、2008年より、ムハマド・ユヌス博士の推進するソーシャル・ビジネスの国内外のプロジェクトを担当。もっともユヌス博士に近い日本人。
小川裕子
株式会社ブルックス 代表取締役社長
コーヒー、茶類の通信販売業として圧倒的な知名度を誇る株式会社ブルックス、小川裕子社長は、小川ファミリー六代目として、「高品質」且つ「低価格」の商品を皆様にお届けしています。2000年4月、ブルックスグループに入社。以降、様々な部署で研鑽を積んだのち、2006年株式会社ブルックスホールディングスの常務取締役、2008年株式会社ブルックス代表取締役、および株式会社ブルックスホールディングス代表取締役副社長に就任しました。双方向性事業の一環としてグループの期待を担う、動画圧縮技術・映像技術を扱う株式会社Gnzoの代表取締役社長も兼任しています。

イベントに関する問い合わせ:ロンバー・オディエ信託株式会社 
マーケティング&コミュニケーション 
℡03-5114-1374 鈴木/℡03-5114-1367 森下