中国
APECでの日中首脳会談は実現するか!? アジア周辺への「微笑外交」を加速化させる習近平の狙いとは
〔PHOTO〕gettyimages

11月の北京APEC(アジア太平洋経済協力会議)を控えた習近平主席が、アジア周辺への「微笑外交」を加速化させている。習近平主席、彭麗媛夫人、栗戦書中央弁公庁主任、王滹寧中央政策研究室主任、楊潔虎国務委員の「5人組」による周辺諸国行脚である。

私が8月に北京を訪問した際、中国の外交関係者は、次のように解説した。

「習近平主席は、周辺外交を『親・誠・恵・容』の4字の実践だと述べている。周辺国と親しくし、誠の心で接し、共に恵みを与え、広い心で受け容れるという意味だ。そして、習近平主席の持論である『シルクロード経済帯』と『21世紀の海上シルクロード』を構築する。それによって、アジアを中国を中心とした古代からの伝統的な姿に戻したいのだ」

「中国モンゴル関係のさらに良い明日へ」

まず第1弾は、7月3日、4日の韓国訪問だった。これについては、7月の本コラムで記したので省略する。

続いて第2弾は、8月21日、22日のモンゴル訪問である。習近平5人組は、21日午前11時、ウランバートルのジンギスカン国際空港へ到着し、アルタンホヤグ首相夫妻の歓待を受けた。

習近平主席はこの日、モンゴルの主要4紙に「馬を走らせ中国モンゴル関係のさらに良い明日へ」と題した署名原稿を載せた。その大意は、以下の通りだ。

〈 モンゴルと聞くと、「天は蒼蒼、野は茫茫、風に草が靡き、牛や羊が見える」という風景を思い出す。私も2008年に訪問した時、深い印象を持った。

あれから6年経ち、国賓としてこの麗しい土地に戻ってきた。今年は両国の国交正常化65周年であり、友好条約締結20周年だ。「良馬は遠路をいとわず、良友は困難を畏れない」と言うが、中国はずっとモンゴルの最大の貿易相手国であり、最大の投資国だ。2013年には130万人が両国を往来し、うちモンゴル人の中国訪問は100万人を超えた。

中国は常に、ダブルウインの関係を目指しており、絶対に中国独り勝ち、独り占めの常態にはしない。中国は両国の鉄路を敷き、高速道路を敷き、モンゴルの発展に尽くしていく。歴史上、シルクロードもティロードもモンゴルを通っていた。今回の訪問を契機に、中国とモンゴル双方の夢を実現させたい。 〉

エルベクドルジ大統領との首脳会談後、共同宣言を発表し、両国関係を全面的戦略パートナーシップ関係に格上げするとした。

8月22日には、午前11時から、モンゴル国会で、「相互協力によって両国関係発展の新時代を創ろう」と題した講演を行った。

〈 両国は山水が連なる隣国であり(4700㎞の国境を接している)、中国は「二つの百年」の目標に向かって、モンゴルは改革と発展のために、それぞれ奮闘している最中だ・・。世界で最も著しく発展しているアジアにおいて、共に協力して発展していこうではないか。 〉

2日間で、エルベクドルジ大統領、アルタンホヤグ首相、エンシボロド国会議長らと個別に会談した習近平主席は、訪問の締めとして、民族衣装に身を包んだエルベクドルジ大統領の案内で、ウランバートル郊外のナーダムを見物した。ナーダムは、相撲・競馬・弓射からなるモンゴルの夏祭りだ。習近平主席は、ゲルに入って座ったり、2頭の名馬を贈られたりしてご機嫌だった。馬には習近平主席自ら、アルタイとクルルンと名付けた。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら