北京のランダム・ウォーカー

APECでの日中首脳会談は実現するか!? アジア周辺への「微笑外交」を加速化させる習近平の狙いとは

2014年09月15日(月) 近藤 大介
upperline
〔PHOTO〕gettyimages

11月の北京APEC(アジア太平洋経済協力会議)を控えた習近平主席が、アジア周辺への「微笑外交」を加速化させている。習近平主席、彭麗媛夫人、栗戦書中央弁公庁主任、王滹寧中央政策研究室主任、楊潔虎国務委員の「5人組」による周辺諸国行脚である。

私が8月に北京を訪問した際、中国の外交関係者は、次のように解説した。

「習近平主席は、周辺外交を『親・誠・恵・容』の4字の実践だと述べている。周辺国と親しくし、誠の心で接し、共に恵みを与え、広い心で受け容れるという意味だ。そして、習近平主席の持論である『シルクロード経済帯』と『21世紀の海上シルクロード』を構築する。それによって、アジアを中国を中心とした古代からの伝統的な姿に戻したいのだ」

「中国モンゴル関係のさらに良い明日へ」

まず第1弾は、7月3日、4日の韓国訪問だった。これについては、7月の本コラムで記したので省略する。

続いて第2弾は、8月21日、22日のモンゴル訪問である。習近平5人組は、21日午前11時、ウランバートルのジンギスカン国際空港へ到着し、アルタンホヤグ首相夫妻の歓待を受けた。

習近平主席はこの日、モンゴルの主要4紙に「馬を走らせ中国モンゴル関係のさらに良い明日へ」と題した署名原稿を載せた。その大意は、以下の通りだ。

〈 モンゴルと聞くと、「天は蒼蒼、野は茫茫、風に草が靡き、牛や羊が見える」という風景を思い出す。私も2008年に訪問した時、深い印象を持った。

あれから6年経ち、国賓としてこの麗しい土地に戻ってきた。今年は両国の国交正常化65周年であり、友好条約締結20周年だ。「良馬は遠路をいとわず、良友は困難を畏れない」と言うが、中国はずっとモンゴルの最大の貿易相手国であり、最大の投資国だ。2013年には130万人が両国を往来し、うちモンゴル人の中国訪問は100万人を超えた。

中国は常に、ダブルウインの関係を目指しており、絶対に中国独り勝ち、独り占めの常態にはしない。中国は両国の鉄路を敷き、高速道路を敷き、モンゴルの発展に尽くしていく。歴史上、シルクロードもティロードもモンゴルを通っていた。今回の訪問を契機に、中国とモンゴル双方の夢を実現させたい。 〉

次ページ エルベクドルジ大統領との首脳会…
1 2 3 4 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ