「芸能界と暴力団」第1部 本当のことを書いたら、事務所をクビになりました なべおさみ×森功「私が出会ったヤクザたち」

2014年09月18日(木) 週刊現代

週刊現代経済の死角

upperline

なべ ヤクザ自体が興行を行っているケースもありました。表には出てきませんが、契約などを取り仕切っていた。神戸芸能社と同じような会社が全国各地にあったのです。

森 近年まで実情は変わらなかった?

なべ ええ。見えないようにしただけ。いわばマフィア化していました。

森 暴対法施行前なら、歌手などが地方でコンサートを行うとき、地元のヤクザに挨拶に行っても警察は目くじらを立てなかったようですね。コンサート会場の秩序などを守ってもらうため、興行を打つ側が地元のヤクザにカネを包むようなこともあったようですが、これも咎められなかったと聞きます。

なべ 昔は、警察とヤクザも共存共栄の部分があり、拳銃の取り締まり月間になると、警察が組に頼み、何丁か拳銃を出してもらっていた。そういう時代だったわけですから。

森 しかし、暴対法ができて、さらに暴排条例が施行されると、芸能人はヤクザと一緒にいるだけで咎められるようになりました。今はヤクザの側が、芸能人とは表立って接触しないようにしているようですね。

なべ それは厳しくやっていますよ。今のヤクザは芸能人と一緒に写真を撮らないし、メールのやり取りもしません。

森 なるほど。ただ、島田紳助のケースはどうでしょう。山口組№2で弘道会会長の髙山清司、同じく№4で極心連合会会長の橋本弘文と同席した写真が存在し、報道されました。

なべ あれはレアケースです。ヤクザの間では、法律ができる以前から「写真は撮らない」という流れになっていました。

僕は一時期、稲川会の忘年会の司会をやらせていただいていたのですが、'86年、会で歌った北島三郎さんの写真が一部マスコミに流れてしまい、それが元で北島さんは紅白歌合戦の出場を辞退した。以降、当時の稲川聖城会長は会場へのカメラの持ち込みを禁止しました。お上にも世間にも気を遣っているのです。

森 なべさん自身の付き合いも変わったのでは? 最近も、事務所を離れられたようですが。

なべ 昔気質の僕なんか、近代的なプロダクションには馴染めないんですよ。

昔は、「お前はヤクザと親しすぎる」と叱られることもありましたが、僕は役者であり、さまざまな人間を演じるのが仕事ですから、ヤクザという人種にも興味があるのです。

次ページ たとえば、菅谷さんの舎弟だった…
前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事

最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事