真壁昭夫「通貨とファイナンスで読む世界経済」

1ドル110円も? 早過ぎる上昇ペースの中、円安ドル高はどこまで進むか

2014年09月15日(月) 真壁 昭夫
upperline
ドル対円・ユーロの金利差は拡大

足許の経済状況を見ると、ドルを押し上げる要因に事欠かない。米国の8月の小売売上高は前が月対比プラス0.6%となり、米国の個人消費は好調を維持している。それに伴い。連邦準備理事会(FRB)の早期利上げ観測が高まっている。

FRBの早期利上げ観測が盛り上がると、米国の長期金利にも上昇圧力がかかり易くなる。既に、10年物の米国債の流通利回りは2.5%を超えるレベルまで上がっている(9月12日現在)。金利の上昇圧力は、当該通貨を押し上げる有力なエネルギーになる。

一方、欧州中央銀行(ECB)や日銀は、今後も景気下支えのため追加緩和策を実施するとの見方が有力で、ドル対ユーロ・円の金利差はさらに拡大する可能性は高い。これからも基調としてドル高が続くと見る。

為替ディーラーや投機筋の動向

ここ数週間の為替市場の動きを見ると、明らかに、為替ディーラーやヘッジファンなどがドル買い・円売り・ユーロ売りの持ち高(ポジション)を積み上げている。それは、シカゴの為替先物市場の取引状況からも読み取れる。

彼らから来るメールを見ても、「当面、ドル高で稼げる」というニュアンスが伝わってくる。ドルが上がったところで、一部のドル買い持ちポジションの利益確定を行いながら、ドルの押し目買いを続けている。

次ページ 一方、彼らは、短期的なドル上昇…
1 2 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ