[サッカー]
田崎健太「トニーニョが感じたブラジルと欧州の違い」

ブラジルに戻ったトニーニョにも給与未払いの問題がつきまとった。撮影:西山幸之

――日本のクラブを紹介して欲しい。
 かつてブラジルのクラブへ行くと、選手から良くこう声を掛けられたものだった。こちらは取材で来ている。代理人ではないと説明しても、「クラブの人間を知っているだろう、紹介してくれ」としつこく食い下がられたこともあった。
 1990年代、ブラジルのサッカー選手の目にJリーグは夢のリーグとして映っていた。高給が保証され、そして何より遅配や未払いがないことが魅力だったのだ。

ブラジルで直面した給与未払い問題

 ヴェルディ川崎、清水エスパルス、浦和レッズでプレーしたトニーニョが母国ブラジルのバスコ・ダ・ガマへ移籍したのは96年のことだった。

 バスコはフォワードのエジムンド、中盤にジュニーニョ・ペルナンブッカーノ、サイドバックのフェリッペ、キーパーのカルロス・ジェルマーノなど才能ある選手を抱えており、92年から3年連続でリオ州選手権で優勝していた。

 しかし、チームの財政は最悪だった。トニーニョがバスコに所属した6カ月間、一度も給料が支払われなかったという。
「ぼくがブラジルに戻ってきたのは、バスコがいい金額を提示したからだった。ところが、ブラジル全国選手権、コパ・コメボルに出場したけど、一切支払われなかった。貰ったのは、リオ州選抜としてサンパウロ州選抜と試合をしたときだけだった。あれはバスコとは関係ない試合だったからね」

 コパ・コメボルとは南米サッカー連盟が主催する、国際大会である。

「当時のバスコでは誰も給料をもらっていなかった。いや、誰もじゃないな。ジュニーニョには、渋々支払っていたようだ。彼はクラブの大切な選手だったからね。残念ながら、ぼくはそうではなかったんだ」

 その後、トニーニョはパラナ州のロンドリーナ、サンパウロ州のマットネンセ、ペルナンブッコ州のサンタクルスと渡り歩いた。

「そういえばサンタクルスの監督はオタシリオだったよ」
 トニーニョは明るい声を出した。オタシリオは横浜フリューゲルスの監督を務めたこともある。

 これらのクラブのうち、きちんと給料が支払われたのはマットネンセだけだった。99年、彼はサンタクルスで現役引退を決めた。