高橋亮平の「社会を変えるための仕組み」

新大臣の国会質問回数1,2位は女性!
安倍改造内閣の新閣僚を、国会での議会活動データでランキング

2014年09月12日(金) 高橋 亮平
upperline
新内閣を「万年野党」が調査を続ける「国会質問力」などで分析すると・・・   photo Getty Images

内閣改造の夜、成長戦略、構造改革など、アベノミクス第二幕を大議論

9月3日、内閣改造の夜、NPO法人「万年野党」では、『《内閣改造》【元官僚らによる徹底解説】「万年野党」が斬る これからの課題とは』と題し、岸博幸(慶應義塾大学教授・万年野党理事)、須田慎一郎(ジャーナリスト)、高橋洋一(嘉悦大学教授・万年野党アドバイザリーボードメンバー)、原英史(株式会社政策工房代表取締役社長・万年野党理事) といったメンバーで、ニコニコ生放送を行った。

「一強多弱」と言われている現在の国会勢力の中で、今回は内閣改造をキッカケに、政策面に重点を置いて、これからの日本の課題について議論するというコンセプトで行ない、この放送には、17,000人以上の来場者と、4,500近いコメントが集まるなど、大きな反響をもらった。

また、この放送をキッカケに、須田慎一郎氏には、「万年野党」のアドバイザリーボードメンバーに加わってもらう事になった。「万年野党」の最新役員については、公式HP(http://yatoojp.com/about/)を見てもらえればと思う。

議会活動データでは、女性閣僚が新閣僚の1位、2位を独占

今回のコラムでは、この内閣改造で新閣僚となった議員について、「万年野党」が『国会議員三ツ星データブック』などの分析で利用している国会での活動データで見てみることにしたい。

今回の内閣改造は12人の大幅交代となり、とくに過去最多となる5人もの女性閣僚が誕生したことも話題になった。

自民党への政権交代以降の2013年の通常国会である183国会(+182国会)から、2013年臨時国会である185国会(184国会)、最新の2014年通常国会である186国会までの、国会活動データを合計してみた。

今回新たに閣僚になった12閣僚の中で、最も質問回数が多かったのは、9回の山谷えり子・拉致担当大臣兼国会公安委員長だった。

次いで質問回数8回の有村治子・女性活躍担当大臣が2位となり、女性閣僚が上位になる象徴的な結果となった。この女性閣僚二人が、参議院からの入閣であることも特徴と言える。

次ページ 3位となったのが、塩崎恭久・厚…
1 2 3 4 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事