沼口麻子の「サメに恋して」
2014年09月13日(土) 沼口 麻子

世界に研究者がたったひとり?! 巨大ザメ海中ミステリーサークルの謎

upperline

沖縄美ら海水族館を訪れたのは、昨年の、夏がはじまる少しだけ前だった。

私はこの水族館の4階エントランスが大好きだ。駐車場をおりて、大きなジンベエザメのモニュメントの前を進むと、3階にある入館受付へ行くための、とても開放的な下りエスカレーターがある。真っ正面に広がる大海原を一望できる、下りエスカレーターの手前の場所を4階エントランスというらしい。景色に見惚れて立ち止まると、想像したよりもちょっと強い、むふぁっとした風が吹いてきて、私はあわてて帽子を抑えた。

巨大ザメ3種の謎を解くシンポジウム

2013年6月29日に、美ら海水族館で大変興味深いシンポジウムが開催された。4階エントランスの横にあるイベント会場の看板に書かれたタイトルは、「濾過食板鰓類---その謎を解く(The filter feeding elasmobranchs: Unraveling their many mysteries )」。

「濾過食板鰓類」---これは「ろかしょくばんさいるい」と読み、プランクトンを食べるサメの仲間を指す専門用語だ。

サメというと、鋭い歯を持ち、大型ほ乳類を噛みちぎって食べるイメージがあるかもしれないが、そうでないサメもたくさんいる。世界中に500種類以上いるサメの中で、プランクトンを食べているサメは3種類。いずれも大型種にもかかわらず、歯は米粒大ほどしかない。その代わり、エラにプランクトンを濾しとる特殊機能がある。このシンポジウムはその対象種であるジンベエザメ、メガマウスザメ、そしてウバザメの3種について熱い議論を交わす場であったのだ。

3種ともいずれ劣らぬ巨大ザメだ。大きい順に言えば、世界最大の魚類ジンベエザメが12m、次いで世界2位の大きさを誇るウバザメが10m、メガマウスザメはおよそ6mに達する。前回の記事では、世界を揺るがしたニューネッシー騒動の犯人は「ウバザメ」だったという話を書いたが、今回はその犯人に注目してみたいと思う。ウバザメとはどんなサメなのか。

世界にひとり!? ウバザメ研究者によるプレゼン

「ウバザメの研究者は世界にひとりしかいません。」

こうおっしゃられたのは、このシンポジウムのプレゼンターの一人、Gregory B. Skomal先生(MA Marine Fisheries ※以下、グレゴリー先生と表記する)。シンポジウムの最終演題「西大西洋におけるウバザメの短期的および中長期的回遊の特性」という研究報告が終わると、会場はたいへん興味深い質問で賑わった。

ウバザメのプレゼンを披露したグレゴリー先生
次ページ 「沖縄のある島でウバザメがジャ…
1 2 3 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ