[BCリーグ]
福井・酒井忠晴監督「最後まで勝ちにこだわるゲームを」

 6日、石川ミリオンスターズに敗れ、20敗目を喫した福井ミラクルエレファンツは、後期2位以下が確定し、6年連続の後期優勝の可能性がなくなりました。残り3試合(9日現在)は、ファンに感謝の気持ちをもち、また個人それぞれの夢に向かって、一球、一振り、悔いのないようにプレーしてほしいと思っています。

 今季は前後期ともに優勝を逃すという結果に終わりました。後期に優勝ができなかったのは、私が監督に就任して以降初めてのこと。球団としてもプレーオフ進出を逃したのは5年ぶりのことです。要因のひとつには、私自身の成長が足りなかったからではないかと今、感じています。もちろん、いい選手がそろっていたとしても、絶対に優勝できるという保証はありませんが、それでも今年は高い素質をもった選手を抱えながら、彼らの力を最大限に引き出すことができませんでした。

 チームにとってターニングポイントとなったのは、やはり前期の終盤でした。今シーズンは球団初の前期優勝を目標に掲げ、実際にマジックを点灯させ、目標達成までもう少しというところまで来ていました。ところが、マジックが点灯して以降は、残り9試合で1勝7敗1分という成績に終わり、富山サンダーバーズの逆転優勝を許したのです。