世界経済 イギリス
「講座:ビジネスに役立つ世界経済」
【第58回】 スコットランド独立問題がマーケットにもたらす影響

〔PHOTO〕gettyimages

独立賛成派多数となったスコットランド独立問題

筆者は8月末にある顧客から、「スコットランドの独立問題は、マーケットに何らかの影響をもたらすのでしょうか?」という質問を受けた。その時には全くノーマークだったので、「リーマンショック後のイギリス経済の回復局面の中で生じた所得格差が政治的不満に発展したもので、いわば必要悪であり、大した問題はないですよ」と回答した。

だが、筆者の考えはどうやら間違っていたようだ。住民投票が実施される9月18日が近づくにつれ、次第にマーケット(特に欧州)に暗い影を落とし始めている。そこで今回は、住民投票を前に、スコットランド独立問題の経済やマーケットに与えるインプリケーションを網羅的に考察したい。

スコットランド独立に関する住民投票自体は、2012年10月15日に、キャメロン・英首相とサモンド・スコットランド自治政府首相との間で交わされた合意書(「エジンバラ合意」)に基づくものであり、以前から予定されていたものであった。

ここにきて、マーケットの注目を浴びるようになった理由は、英民間調査会社YouGovと英高級日曜紙サンデータイムズが共同で実施した直近の世論調査でスコットランド独立を支持する意見が全体の51%、初めて反対意見(同48%)を上回り、スコットランド独立の可能性が高まったためである。

サンデータイムズによれば、エリザベス女王もこの世論調査の結果を憂慮しており、政府に関係情報を毎日報告するように要請したとのことである。キャメロン首相も独立を阻止するために、新たな自治権拡大を提案する用意があるとの報道もあるようだ。

イギリス政府とスコットランド自治政府は、「エジンバラ合意」で、住民投票の結果が「明確な法的根拠を持つ」ことで合意しているため、住民投票で独立賛成が過半数を超えた場合、スコットランドは英国から独立し、欧州に「スコットランド」という新たな国が誕生することになる。

ただし、この住民投票に掲げる質問は「スコットランドは英国から独立すべきか否か」という質問に限定されることも合意されている。そのため、国の運営等の具体的な施策はその後、スコットランド議会によって定められていく予定であり、正式にスコットランドが独立国としての機能しはじめるのは、2016年3月となっている。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら