誰もが弱者になりうる時代、社会問題に対する「関心のセーフティネット」を作る
安部敏樹(あべ・としき)
一般社団法人リディラバ代表理事/マグロ漁師/東京大学大学院博士課程
みんなが社会問題をツアーにして発信・共有するプラットフォーム『リディラバ』を2009年に設立。600名以上の運営会員と60種類以上の社会問題のスタディツアーの実績があり、これまで2000人以上を社会問題の現場に送り込む。また都立中学の修学旅行や企業の研修旅行などにもスタディツアーを提供する。その他、誰でも社会問題を投稿できるwebサービス「TRAPRO」や「Travel the Problem」の開発・運用なども行い、多方面から誰もが社会問題に触れやすい環境の整備を目指す。2012年度より東京大学教養学部にて1・2年生向けに社会起業の授業を教える。特技はマグロを素手で取ること。総務省起業家甲子園日本一、学生起業家選手権優勝、ビジコン奈良ベンチャー部門トップ賞、KDDI∞ラボ第5期最優秀賞など受賞多数。第2回若者旅行を応援する取組表彰において観光庁長官賞(最優秀賞)を受賞。
 

コンビニの前で座り込んでいる僕を、道行く人は見ない。怖いからというのもあるが、そもそも関心がないからだろう。

僕は中学から高校にかけてあまり学校に行かず、ふらふらしている時期があった。コンビニの前で座り込む僕やその仲間たちは、ある意味一つの社会問題だったと思う。そして当時、道行く人々がいかに僕たちという"課題"を無視しながら生きているのか、ということを強く感じた。

きっとみんな「自分のことで精一杯」だから。日々の忙しい生活の中で、知らない他人が困っていても構ってはいられない。なんだかとても生きづらい世の中だ。

生きづらいのは、弱者やマイノリティにとってじゃない。誰しもが弱者やマイノリティの側に回る可能性があるにもかかわらず、そのことに気がつくことなく無関心な日常を送る、僕やあなたたちにとって、だ。

社会の無関心の打破する

僕は今、リディラバ(Ridilover)という非営利型一般社団法人と会社を運営している。一言で言うと「社会課題の現場を巡る旅行会社とNPO」だ。多様な社会問題を取り上げ、それらを旅行商品として販売している。

僕は大学3年生のとき、仕事にするという明確な意志もないままこの活動を始めたが、今は約600人の運営会員と19名の事業部員、15名の職員に支えられながら少しずつ事業を広げている。僕らが提供する旅は、一般向けだけではなく中学・高校の修学旅行や、企業の研修にも使われ始めている。

最初は、ダムに訪れる旅から始めた。それ以降、僕自身がたくさんの社会問題を見て回ることになった。そして今も、たくさんの現場を見て回っている。

この社会的論点をまわる旅("スタディツアー"と僕らは呼んでいる)は僕がコンビニの前に座っていた10代半ばの頃から考えていたことを、確信に変えてくれるものであった。

それは、多くの社会課題は人々の無関心が原因で可視化もされず、解決にも向かわないでいる。そして、その無関心は属人的な問題というよりは、社会の構造として存在している、ということだ。

そうした前提の中、できればその構造的な無関心の状態を変えたくて、設立時から理念として「社会の無関心の打破」を掲げ続けている。この連載を開始するにあたって、僕はまず自分が持つ問題意識に触れておきたいと思う。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら