[野球]
上田哲之「DeNA・中畑監督と東海大四・西嶋投手を結んでみる」

 それが自分の生き方なので、としか言いようがないが、茫然と野球を眺めている。
 今日もまた、ニューヨーク・ヤンキースのジョー・ジラルディ監督が、ベンチを出てトコトコ小走りに審判の元へ向かう。「チャレンジ」を要求するのである。メジャーリーグが今季から取り入れたビデオ判定のシステム。

 例えば、9月4日のボストン・レッドソックス戦だっただろうか。もはや記憶があいまいだが、デレク・ジーターの内野ゴロをアウトと判定されて、「チャレンジ」。たぶんセーフだな、と思っていたら、判定が出る前に球場が湧いている。アナウンサー氏によると、球場に映し出されたリプレーで明らかにセーフに見えたらしい。やっぱり判定も覆って内野安打に。満塁だったので、ジーターは打点1を稼いだ。なんだかなぁ。野球のプレーをいわば0.1秒、0.01秒の単位まで切り刻んで解析する、デジタルの時代といえばそうなのだろうけれど……。

 9月2日の夜、テレビのスポーツニュースを見ていたら、横浜DeNAの中畑清監督が激怒して、帽子をグラウンドに投げつけ、退場処分をくらっていた。横浜-阪神戦の9回裏、3-2と横浜リードで迎えた阪神の攻撃。1死満塁となって、阪神・今成亮太は横浜・三上朋也からレフト前タイムリーを放つ。二塁走者マット・マートンまで一気に本塁突入してセーフ。阪神、逆転サヨナラ勝ち。この判定に対して中畑監督は、アウトだと激昂したわけだ。

 少なくとも、見た目で常識的に判定すればアウトである。それが野球の判定の共通感覚というものだろう。しかし、吉本文弘球審は、マートンの足が、捕手の黒羽根利規のブロックをかいくぐって入った、と判定した。審判がそう判定したらセーフである。少なくとも、今のところ日本では。

 これ、おそらく、メジャー式にチャレンジしても、すなわち、様々な角度からの映像をリプレイして解析してみても、判然としないのではないだろうか。マートンの左足スパイクのかかととホームベースの距離と、黒羽根のミットの位置とマートンの上半身との距離と、そりゃ科学技術は素晴らしく進歩しているだろうけれども、だからといって、たかだか複数の映像でその先後を厳密に測れるとはとうてい思えない。

 だとすれば、中畑監督が激怒して退場になって終わる方が、よほど人間的なのではあるまいか。あれは、監督である以上、引き下がることはできない判定だろうから。ちなみに、ここで人間的というのは、スポーツを楽しむという文化を持った生き物らしさ、というほどの意味ですが。先のジラルディ監督のケースも、元広島監督マーティ・ブラウンを貸してあげて、一塁ベースでも投げてもらった方が、よほどすっきりする……というのは極論でしょうか。

 何もメジャーリーグだけに限らないのだが、野球のプレーをあまりに先進技術を駆使してデジタル的な情報に細分化するのは、日々茫然とこのスポーツを愛好する人間には、どうもなじめない。細分化がそれぞれ、個々の独立した情報と化してしまってはいないか。それが連続して、いわばアニメーションになってはじめてスポーツ、いや人間の営為でしょうに。