[パラリンピアンの挑戦]
高桑早生、上昇気流に乗り始めたスプリンター

 リオパラリンピックを目指すスプリンター高桑早生が今、波に乗っている。8月30日、「ナイター陸上競技大会」に出場するという高桑を見に、東京都江東区にある夢の島陸上競技場へと向かった。高桑のレースを見るのは、昨年4月の「チャレンジ陸上大会」以来。その後、2、3度、練習を観に行くことはあったが、“本番”の走りを目にするのは、実に約1年半ぶりだった。レース前のアップに合わせて競技場入りしたが、やはりアップは見ないことにした。何も見ることなく、聞くことなく、無の状態で高桑の走りを“感じたい”と思ったのだ。果たして、1年半ぶりに見る彼女の走りは――確実に進化していた。フォームの美しさが一段と増していたのだ。だが、これが彼女のベストではないとも思った。「まだ伸びる」。そう感じたレースだった。

 今回、一番注目していたのはスタートだった。今年5月、練習に訪れた際、高桑が「以前のような思い切りのいいスタートができなくなっている」と課題に挙げていたからだ。要因は、今年3月に新しい義足に替えたことにあった。新しい義足は世界のトップランナーたちが愛用している、競技用義足では世界トップメーカーのオズール社製のものだ。うまく重心を乗せて地面をとらえることができれば、大きな反発力を生み出し、健足に近い感覚で体を弾ませてくれるという。

 だが、オズール社製の義足は非常に繊細で、身体のバランスを取ることが難しい。新しい義足に替えて4カ月、高桑は当時こう語っていた。
「義足のたわみを走力に転換するためには、重心を乗せる位置が非常に重要なんです。その位置がほんの少しでもずれると、義足はまったくたわんでくれない。特にオズール社製の義足は、その重心を乗せる位置がピンポイントなんです。そのポイントを少しでも誤ると、ケガにつながる。だからこそ、きちんとポイントをつかまないといけないんです」

 当時、まだ彼女はポイントをつかみきれずにいた。特に義足側から踏み出すスタートに自信を持てずにいたのだ。さらに彼女のブログを見ると、7月5日に行なわれた関東身体障害者陸上競技選手権大会においても、<やっぱりスタートがいまいち上手くいかない。なんか重たいスタートになってしまいました。(中略)アジアに向けてもう一度立て直します。>とあった。そこで、今回はいつものゴール付近ではなく、スタートの位置から見ることにした。