[裏方NAVI]
田村尚之(トレーナー)<前編>「日本競泳界に風穴を開けた“北島効果”」

 近年、日本の競泳界において、スーパースターといえば、やはりこの人以外にいないだろう。アテネ五輪、北京五輪と2大会連続で2冠を達成した北島康介である。そして今や日本競泳界の名将ともなっている平井伯昌コーチが、まだ無名だった北島を発掘し、金メダリストにまで育て上げたことは周知の通りだ。その平井コーチがひと昔前まで日本の競泳界ではタブーとされてきたウエイトトレーニングを本格的に指導に取り入れたのは2001年のことだ。そして北京五輪までの約7年間、平井と苦楽をともにして北島の身体をつくりあげてきたのが、国立スポーツ科学センター(JISS)のトレーニング指導員、田村尚之だった。

「身体が硬くなる」「筋肉で重くなって沈んでしまう」「スピードが出なくなる」
 ほんの10年前まで、ウエイトトレーニングに対する競泳界の定説である。そこに風穴を開けたのが、平井だった。平井がトレーニングの専門家として白羽の矢を立てたのが、田村だ。それまでアメリカンフットボールや柔道の選手を指導したことはあった田村だが、競泳選手は北島が初めてだった。

「当時、ウエイトトレーニングをしている競泳選手を見たことはありませんでした。昔から水中練習の前に、ドライランドと言って、自体重を用いたトレーニング、例えば腹筋や腕立て伏せは行なわれていました。そこに多少の筋力強化という意味合いは含まれていたとは思いますが、ダンベルやバーベルなど、マシンを用いたウエイトトレーニングはまったくされていなかったと思います。康介や、その後、中村礼子たちがトレーニングをしていても、それに続こうという選手はいなかった。逆に『あんなことやって、大丈夫?』という感じで、敬遠されていた感じでしたね」