[格闘技]
近藤隆夫「またもや勝負弱さを露呈した石井慧」

8.23両国、ミルコ×石井戦を観た後で

衰え隠せぬミルコにTKO負け

 石井慧は、ステップアップする上で大切な一戦に勝つことができなかった。

 8月23日、両国国技館での『INOKI GENOME FIGHT2』でミルコ・クロコップに額をヒジで切られてTKO負け、昨年大晦日に藤田和之を下して獲得したIGFチャンピオンシップを失ったのだ。

 善戦ではあったと思う。
 スタンディングの状態でも石井はミルコに臆することなく向かい合う。そして、ミルコがキックを放った時に組みつき、グラウンドへと持ち込み、上になる体勢をつくった。パウンドで勝機を見出そうとする石井。だが、ミルコも老獪にディフェンス。必要以上に上体を突っ込ませる石井に対して内側から脇を入れて巧みにかわしていた。

 試合を優勢に運んでいたのは石井のはずだった。しかし、上位の体勢を保ちながらも、ミルコにヒジ打ちで額をカットされ流血。幾度かのドクターチェックの後に、さらに流血は激しくなり、ストップがかけられてしまう。2ラウンドで勝負は決された。

 石井は以前よりもファイターとしての戦闘技術を高めていたし、「運が悪かった」由の敗北と見る向きもあるだろう。だが、この一戦、大一番での勝負弱さが際立ってしまったように私には思えた。

 ミルコは既に『PRIDE』で活躍していた全盛時の彼ではない。2006年9月にジョシュ・バーネットを下して、PRIDE無差別級グランプリを制した時がピーク。以降、UFCに参戦するも通算成績4勝6敗。その実力に陰りを見せ始めていく。昨年3月には、母国クロアチア・ザグレブでの『K-1 WORLD GP FINAL』で優勝を果たすも、対戦相手のレベルが低く、またミルコ自身も動きに精彩を欠いた観は否めない。

 この大会の予選であった『K-1 RISING 2012 WORLD GP FINAL16(2012年10月14日、両国国技館)』でランディ・ブレイク戦では2-0の判定勝ちを収めているが、格下相手にダウンを喫するなど、観る人に「ミルコ衰えたり」の印象しか与えることができなかった。