あの敗戦が教えてくれた、勝ちっぱなしの人生なんてない。元高校球児たちが語る甲子園は私の先生でした
東邦・バンビ坂本 秋田経法大附属・中川申也 横浜商業・三浦将明 沖縄水産・大野倫ほか

努力の末に出場した甲子園で負ける。そのショックは計り知れない。しかし球児たちの人生はまだこれから。その悔しさ、その無念は、無駄にはならない。元球児たちはそれを、身をもって知っている。

仕事に悩むと思い出す

「サヨナラホームランを打たれた瞬間は、いまでもよく覚えています。不思議と悔しさはなかった。飛んで行くボールを眺めながら、これで解放されるんだな、という気持ちでした」

37年前の敗戦をそう振り返るのは、かつて愛知・東邦高校の1年生エースとして甲子園を沸かせ、「バンビ」の愛称で親しまれた坂本佳一(52歳)だ。

'77年夏の甲子園、東邦は下馬評を覆して決勝まで勝ち進んだ。東洋大付属姫路との決戦は投手戦になり、9回が終わって1—1の同点。延長戦に突入した。

そして延長10回の裏、1年生の坂本は疲れから二死一、二塁のピンチを背負い、サヨナラ3ランを浴びた。

あと一歩で優勝を逃したにもかかわらず、解放されたと思ったのはなぜか。

「疲れていたんです。当時、私は15歳でした。甲子園に来てから3週間。親元をあんなに長く離れたことはなかった。自分で洗濯をするのも初めてでした。初体験の連続を何となく面倒くさいなあと思っていて、ようやく終わったなと」

だが本人の気持ちとは裏腹に、甲子園が終わっても、坂本は「普通の高校生」には戻れなかった。地元の愛知に帰った坂本を待っていたのは、想像を超える「バンビフィーバー」だった。

「それからは応援してくれる人の期待に応えようと必死でした。でも私は、毎試合相手を完封できるような投手ではなかったんです。それは自分が一番わかっていた。自分で自分が可哀想になりました」

自分の実力と、注目の大きさとの差—。それに悩み続けた坂本は力を発揮できず、再び甲子園のマウンドに立つことはなかった。

「ただ高校時代の経験は、決して無駄ではなかった。私はいま、鉄鋼を扱う会社でサラリーマンをしていますが、仕事に悩むとあの頃を思い出すんです。取引先との交渉や、部下の指導など、サラリーマン人生は難しいことばかり。でも私は、人生には良いことも悪いこともあると、高校時代に身をもって知りましたから」

地元の期待や、予選で敗れた相手の無念を一身に背負って高校球児たちが戦う、甲子園。しかし最後まで勝ち続けられるのは、わずか1校だ。その陰には、涙をのんだ球児たちがいる。彼らは敗戦から何を学ぶのか。真夏の激闘の記憶は、後の人生にどんな影響を及ぼしたのだろうか。