サッカー
アギーレ監督率いる新生日本代表がいよいよキックオフ!
〔PHOTO〕gettyimages

ハビエル・アギーレ監督率いる日本代表のメンバーが、ついに発表されました。メディア上には「サプライズ」の文字が躍っています。日本代表に初めて招集されたのが5人で、代表経験はあるものの出場経験のない選手も2人いる顔ぶれは、確かに新鮮なイメージをもたらすでしょう。

しかし、私の印象は少し違います。監督が代われば選考基準は変わります。また、香川真司と原口元気はケガで招集できなかったと、アギーレ監督が明言しています。サプライズと言うよりは、「視察をしたなかで興味を持った選手を選んだ」ということでしょう。

「攻撃も守備もしなければならない」という哲学

初代表の選手については、「面白い選手に目を付けたな」と感じます。

サンフレッチェ広島の皆川佑介は、186センチの高さを持ったストライカーです。ザッケローニ前監督が使わなかった長身FWを戦力として取り込めるかどうかは、興味深いところです。

日本には長友佑都、内田篤人、酒井宏樹ら、精度の高いクロスを供給できるサイドバックがいます。彼らの特長を引き出すためにも、空中戦を競り合えるフォワードを選んでもいい、というのは私の個人的な意見です。

イケメン慶大生として話題の武藤嘉紀は、思い切りの良さが持ち味のサイドアタッカーです。所属するFC東京では、チームトップの7ゴールをマークしています。また、彼は攻撃だけでなく、ディフェンスでもハードワークできます。これは皆川にも共通する特長で、「攻撃も守備もしなければならない」というアギーレ監督の哲学に沿った選考と言えるでしょう。

ヴィッセル神戸の森岡亮太選手 〔PHOTO〕gettyimages

ミッドフィールダーの新顔である森岡亮太は、センス溢れる攻撃的なプレーヤーです。ヴィッセル神戸が誇る強力なブラジル人フォワード、マルキーニョスとペドロ・ジュニオールを、背番号10を背負う23歳が巧みに操っています。

球際に強いのも彼の長所です。プレッシャーを受けながらでも、決定的なパスを出すことができます。ヴィッセルのカウンターサッカーに、効果的なアクセントをつけているのは森岡でしょう。

彼らのような新戦力を迎えるのは、モチベーションの高揚につながります。ザッケローニ前監督のもとで代表に縁のなかった選手も、「皆川が呼ばれるなら自分も」といった思いを抱き、武藤のようにドリブルが得意な選手なら、「同じタイプとして自分にもチャンスがある」と考えるでしょう。

フレッシュなタレントの招集と並行して、アギーレ監督はブラジルW杯の主力も招集しました。本田圭佑、長谷部誠、川島永嗣、長友らが、引き続き日本代表に名を連ねています。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら