サッカー
アギーレ監督率いる新生日本代表がいよいよキックオフ!
〔PHOTO〕gettyimages

ハビエル・アギーレ監督率いる日本代表のメンバーが、ついに発表されました。メディア上には「サプライズ」の文字が躍っています。日本代表に初めて招集されたのが5人で、代表経験はあるものの出場経験のない選手も2人いる顔ぶれは、確かに新鮮なイメージをもたらすでしょう。

しかし、私の印象は少し違います。監督が代われば選考基準は変わります。また、香川真司と原口元気はケガで招集できなかったと、アギーレ監督が明言しています。サプライズと言うよりは、「視察をしたなかで興味を持った選手を選んだ」ということでしょう。

「攻撃も守備もしなければならない」という哲学

初代表の選手については、「面白い選手に目を付けたな」と感じます。

サンフレッチェ広島の皆川佑介は、186センチの高さを持ったストライカーです。ザッケローニ前監督が使わなかった長身FWを戦力として取り込めるかどうかは、興味深いところです。

日本には長友佑都、内田篤人、酒井宏樹ら、精度の高いクロスを供給できるサイドバックがいます。彼らの特長を引き出すためにも、空中戦を競り合えるフォワードを選んでもいい、というのは私の個人的な意見です。

イケメン慶大生として話題の武藤嘉紀は、思い切りの良さが持ち味のサイドアタッカーです。所属するFC東京では、チームトップの7ゴールをマークしています。また、彼は攻撃だけでなく、ディフェンスでもハードワークできます。これは皆川にも共通する特長で、「攻撃も守備もしなければならない」というアギーレ監督の哲学に沿った選考と言えるでしょう。