[サッカー]
大野俊三「柴崎に狙ってほしい代表レギュラー」

 J1も後半戦に入り、優勝争い、残留争いが過熱しつつあります。その中で上位は団子状態です。1位の浦和レッズから4位・川崎フロンターレまでの勝ち点差はわずか2。例年同様、今季も最終節まで決着がもつれ込む可能性も充分あり得ます。上位チームで、私が注目するのは鹿島アントラーズです。W杯中断期間前の第14節から8戦負けなし。現在、4連勝中です。鹿島の好調の要因、それは若手の台頭にあると私は見ています。

若手が勢いもたらす鹿島

 近年、鹿島を支えてきたのは曽ヶ端準、小笠原満男、中田浩二、本山雅志、青木剛といったベテランでした。もちろん、今季も彼らは要所でいぶし銀の働きを見せてくれています。ただ、年齢による衰えに加え、高温多湿なゲームコンディション、連戦による疲労が溜まる夏場はどうしてもパフォーマンスが落ちがちでした。

 それが今季は、柴崎岳、植田直通、昌子源、土居聖真ら若手が多く出場しています。彼らの一番の武器は体力です。攻撃では裏へ抜け出し、パスコースに顔を出すなど、オフ・ザ・ボール(ボールを持っていない状態)で精力的に動き回れています。守備でも、相手の動きにきっちりついていくことができていますね。何より、首脳陣に「アピールするんだ」という積極性が、チームに勢いをもたらしているように映ります。勢いのある若手、老獪さを持つベテラン、そして決定的な仕事ができる外国人。今の鹿島はこれらがうまく融合しているといえるでしょう。

 DFラインは植田と昌子を中心によく頑張っています。粘り強く相手に対応し、失点後もガタガタと崩れることがありません。やはり、チームで結果が出ていることも自信をつける上では大きいのでしょう。自信がないと、ラインを下げてしまうなど、後手に回りがちですからね。今後もラインを高く設定し、かつ引く時は引くという状況判断を的確に行えれば、安定した守りを維持できると見ています。

 課題は、SBが攻め上がった時にできるスペースのケアです。この部分でのマークの受け渡しやポジションのスライドがスムーズでないため、攻め上がったSBの裏を崩されるシーンが少なくありません。DFラインがコミュニケーションをとり、守りがシステマチックに連動できるよう、普段の練習から徹底していってほしいですね。