最近なんだか太ったかも・・・! そのワケは、脳内に分泌された麻薬の仕業!?
~「人はなぜ太るのか」の謎に迫る~
脳の図解。人間だけが持つ第二の食欲を司っているのが前頭連合野だ
畿央大学大学院健康科学研究科教授
山本 隆先生

1944年、福井県生まれ。大阪大学歯学部を卒業後、大阪大学大学院人間科学研究科教授などを経て、現在は、畿央大学大学院健康科学研究科教授

ヒトは脳に太らされている

松尾貴史(以下、松尾) 脳科学と味覚生理学がご専門の山本隆先生によると、「ヒトは脳に太らされている」のだそうです。意志が弱いのか、それとも食べることを我慢できないのか・・・はたしてどういった意味なのでしょうか?

山本隆(以下、山本) 本題に入る前に、まずは「食べる」という行為について、お話ししようと思います。

「食べる」ことは、クルマにたとえるならば、走行後の給油によく似ています。生き物には、体の内部環境を常に一定に保とうとする性質があるため、消耗したエネルギーをはじめ、アミノ酸やカルシウム、ミネラルといった体に必要な栄養素を補充するために食事をする。そして、体に必要な栄養素はおいしいものである、という原則があります。

松尾 アミノ酸なんて、いかにもおいしそうな印象です(笑)。

山本 ええ、そうですよね。ただ、ここで注目してほしい点は、エネルギーや栄養素を補充するのは動物も人間も同じなのに、野生の動物、たとえばキリンやライオンには体形に個体差がないことなんです。彼らは同じ種同士ならばほぼ均一に近い、一定のスリムな体形をしていますよね? すごく太ったキリンやライオンを見たことはないでしょう?

もっと!科学の宝箱 もっと!人に話したくなる25の「すごい」豆知識
著者:TBSラジオ編
講談社刊/定価1,296円(税込み)

◎最新科学の"真実"が一冊の書籍に!

毎週さまざまなジャンルの研究者、専門家をゲストに招き、科学についてトークを繰り広げているラジオ番組「東京エレクトロンPresents 夢☆夢Engine!」。これまでに登場したゲストの方々が話してくださった25のサイエンストークを収録した「もっと!科学の宝箱」が7月15日に発売となりました。統計学者の鳥越規央先生や、モグラ研究の第一人者である川田伸一郎先生など、第一線で活躍する科学者の先生による貴重なお話をご紹介します。

松尾 そういわれてみると、そうですね。食べることが快楽ならば、人間同様、動物たちもどんどん食べて、太っていってもおかしくないですもんね。

山本 ええ、そのとおりです。では、人間と動物では、なにが違うのか。もっとも大きな違いを考えると、それは脳です。人間は発達した大脳を持ち、大脳には前頭葉という場所があります。

松尾 前頭葉! 聞いたことのある名前ですね。

山本 前頭葉のなかの前頭連合野という場所が、「太る」ということに関して、特別な働きをしているんですね。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら