[BCリーグ]
石川・森慎二監督「後期優勝に向けたひとりひとりの成長」

 26日現在、石川ミリオンスターズは9勝10敗3分。富山サンダーバーズとの優勝争いは、まさに一進一退の攻防戦といったところです。チーム状態は決して悪くはありません。しかし、先発ピッチャーが不足しており、なかなか勝ち星が計算できません。それでも期待しているピッチャーは、それなりに成績を残していますので、自分たちの野球を貫き、勝てる試合を確実にモノにしていけば、自ずと優勝が見えてくると思っています。

ネイディング、中継ぎから先発へ

 先発不足の最大の要因は、これまで勝ち頭としてチームを牽引してきたデリク・ループ(米国)の退団にあることは否めません。白星が計算できるピッチャーでしたから、正直言って大きな痛手です。しかし、ループと入れ替わるようにしてワンダー・ペレス(ドミニカ)が加入しました。ペレスは190センチの長身ながら、アンダースロー。しかもサウスポーです。アンダースローとはいっても、日本人のそれとは違います。身体を沈み込ませることなく、立った状態のままで長い腕をしならせるのです。変化球の使い方も巧みで、相手バッターを見ながら投げています。24日の富山戦で初先発しましたが、8回3安打2失点という数字からもわかるように、バッターは一様に打ちづらそうにしていました。今後、先発の柱としての活躍を期待しています。

 もうひとり先発として台頭してきたのが、チャールズ・ネイディング(米国)です。彼はもともと、あまりコントロールがいい方ではなく、これといった変化球もありませんでした。しかし、スピードはありましたので、今後のことを考えると、中継ぎとして短いイニングで速い球をどんどん放らせた方がいいかなと思っていたのです。しかし、夏場になって調子を崩し始めました。1イニングに集中して投げることができなくなってきたのです。

 そこで調整も兼ねて、一度、長いイニングを投げさせようと先発に起用したのが、8月1日の富山戦でした。意外にも、5回を3安打1失点と好投してくれたのです。本来なら、すぐに中継ぎに戻すはずだったのですが、あまりにもいいピッチングだったので、翌週の7日にも先発させたところ、またも5回途中を1安打1失点と好投したのです。そうこうしているうちに、ループが退団することになり、そのまま先発でいくことにしました。

 実はネイディングは米国よりも軟らかい日本のマウンドにずっと苦労していました。もともとサイドスローだったのですが、どうも投げにくそうにしていたのです。そこでこれまでいろいろと修正する中で、どんどん腕が上がり、今ではスリークオーターとオーバースローの間ほどの高さで振り下ろすようになっています。腕が上がることによって、左足の踏み出しも安定し、コントロールが定まってきました。どのボールも、サイドスローの時とは、速さもキレも違います。特に指にしっかりとかかった時のボールは、BCリーグのバッターではバットに当てることも難しいほどの球威があります。とはいえ、まだまだムラがありますので、これからですね。