雑誌
体中から血が噴き出し、あっという間に死に至る 殺人「エボラ出血熱」報じられない日本人感染ルート
遺体は路上に放置され、腐敗していく〔PHOTO〕gettyimages

致死率9割の最恐ウイルスで、この世の地獄と化したアフリカ。他人事では済まされない。じつはいま、エボラ・パンデミックの脅威が、意外なところからわが国にも忍び寄っているのだ—。

過去最大の感染拡大

路上に横たわった一人の男性。赤い斑点が全身を覆い、眼、口、鼻、耳、肛門……身体中の孔という孔から血が流れ出し、地面に血溜まりを作っている。その周囲には十数匹の蠅が飛び回っているが、近づこうとする人間は誰ひとりいない。西アフリカに位置するリベリア。その首都・モンロビアのスラム街、セントポールズ・ブリッジでは、いま、こうした光景が至るところで目撃されている。

「この地域では、エボラ出血熱の患者が複数出ているため、死者が出たらすぐに火葬しなければならない。ですが、エボラの患者が家族に出たとわかれば、隔離施設に送られたり、村八分のような扱いを受けることもあるので、遺族は報告したがりません。結局、遺体を家から引きずり出し、道端に放置してしまっているのです」(現地を取材した英国人記者)

ウイルスに蝕まれた遺体が放置されれば、そこから感染が拡大してしまう。この事態に対応するため、リベリア政府は遺体回収チームを特設する事態となった。

「リベリアでは、すべての病院が閉鎖されました。医師や看護師への感染が続出しているからです。9人の医師が感染し、看護師にいたってはこの6週間で44人がエボラで死にました。いま、420万人の人口に対し、たった50人の医師しかいない状況なのです。感染しても行くところがないので、呪術師のところへ行って治してもらおうとする人が後を絶ちません。治るはずはないので、そこからさらに感染は拡大してしまう。もう手の付けようがない状態に陥っています」