雑誌
スクープ!政治も経済も大混乱 疑惑を報じた産経記者を検察が告発 韓国朴槿恵(大統領)は「密会男」に操られていた!
〔PHOTO〕gettyimages

韓国にとんでもない大統領のスキャンダルが勃発した。しかも8月15日の光復節で反日攻勢が盛り上がる中、自身のスキャンダルを日本メディアに転嫁しようとする朴槿恵政権。ソウル発衝撃レポート。

国会で追及された「密会」

朴槿恵大統領(62歳)が、セウォル号が沈没した4月16日の日中、男と密会していて、7時間にわたって音信不通だった—こんな情報がいま、韓国国内を騒然とさせている。

韓国政界に詳しい某韓国メディアの社長が証言する。

「朴大統領と〝男〟との関係は、いわゆる『公然の秘密』というものでしょう。わが社でもこの一件を報道しようとしたら、様々な圧力がかかってやめました。そもそもこれだけウワサが広がっているのに、いまだに朴槿恵大統領自身が、はっきりと自身で釈明をしていないのですから、ますます憶測を呼んでいます」

〝男〟の素性については後述するが、この情報が事実なら、朴槿恵大統領の辞職に値する一大スキャンダルである。

セウォル号沈没事件が、死者・行方不明者304人を出す大惨事になったことは、記憶に新しい。単に一船会社の事故というより、救出対応の遅れ、政府機関と船会社との癒着による安全対策の軽視など、韓国政府の数々の問題が指摘されている。

そのため、一時は被害者家族たちが、「青瓦台」(韓国大統領府)に押しかける騒ぎとなり、朴槿恵大統領は3度にわたって遺族に謝罪した。また、朴槿恵大統領は、船内の乗客たちを救出できなかった責任を取らせるとして、韓国海洋警察庁の解体を宣言した。

そんな中で、大統領自身が男と密会していて、7時間も音信不通だったなどという疑惑が持ち上がること自体、尋常でない。