松井孝治×西田亮介対談【前編】
「官邸では、国の未来像を描き、戦略を立てる仕事が中空だった」

いま、改めて「公共」を問う
[左]松井孝治氏(慶應義塾大学総合政策学部教授)、[右]西田亮介氏(立命館大学大学院先端総合学術研究科特別招聘准教授)
これまで、政治家に注目したり、政治を見直すときに、首相経験者や派閥の担当者など、私たちから少し遠い人たちがコンテンツとなることが多かった。しかし、本当にそれでよいのか、という問題意識から、立命館大学大学院先端総合学術研究科特別招聘准教授・西田亮介氏が聞き手となりスタートするインタビュー企画。初回となる今回は、「公共」をテーマに、官僚、政治家を経て、現在は慶應義塾大学総合政策学部教授を務める松井孝治氏にインタビューをおこなった(3月17日実施)。

西田: 松井先生の経歴を見ると、通商産業省(現・経済産業省)の官僚から出発し政治家、そして現在は大学の教授と、「公共」について、多様な観点から変革に注力されてきました。霞ヶ関にいたときから、ガバサンスを動かそうと、一貫して公共の変革にご尽力されてきた稀有なご経歴をお持ちです。

日本では、90年代に至るまで、政治(改革)と市民社会の関係は良好だったとはいえません。その意味においても、松井先生の経歴は極めて稀有なものといわざるをえないと思います。この度、松井先生の問題意識と、いかにして、民主党時代の市民社会の基盤整備を試みた「新しい公共」に結実していくのかというお話を軸にいろいろと伺いたいと思っています。どうぞよろしくお願いします。

松井: どうぞよろしくお願いします。政権交代から1年半が経ち、「新しい公共」をもう一度見直すという意味では、今回のような形で触れていただくことは大変ありがたいです。

西田: 今回、お聞きしたいことが、大きく4点あります。1つ目は官僚時代に携わった橋本龍太郎内閣が推進した「橋本行革」から、鳩山由紀夫内閣時代の「新しい公共」へといたる中で、松井先生の一貫した理念やお考えについてお伺いしたいと思います。

次に、「新しい公共」はどのようにあるべきだったのか、また、現在でも有効なのかということが2点目です。3点目は、松井先生は民主党時代に「プラトン」、経産省時代には「RIETI(独立行政法人経済産業研究所)」と、政策シンクタンクの立ち上げにかかわってこられました。このような取り組みについて、いまはどのようにお考えなのかということをお伺いしたいと考えております。

4点目は、いま政治や政局について、どのようなことを考えればよいのか、という部分についてお考えを伺えたらと思います。

松井: 4つの質問ですね。どうぞよろしくお願いします。