KAIZEN Platform Inc須藤憲司(後編)「すごい不安で毎日が正念場。ぶっちゃけ起業はおススメしません」

オンライン学習サービスschoo WEB-campusとのコラボレーションで、世の中に新しい価値を生み出そうと挑戦する「起業家たちの原点」を紐解くインタビュー企画第1段、KAIZEN Platform Inc.のCEO、須藤憲司さん【前編】はこちらからご覧ください。

⇒授業の様子はこちらからご覧いただけます。

「自分が働きたい会社を作ろう」と決めた

 須藤さんの今の事業に対する原動力ってなんなのでしょう?

須藤 やっぱり最初にあった「世の中の役に立つサービスを作りたい」という思いですね。もう一個は、「自分が働きたい会社を作ろう」と決めたことです。KAIZEN Platformは、自分が従業員として働きたい理想の会社を作ろうと思ってやってきています。「家族を大事にする」というのもそのひとつですね。

 他にKAIZEN Platform Inc.として大事にしていること、理想の働き方はありますか?

須藤 できるだけチームで仕事をしたいので、なるべく仕事とフラットに向き合うということを大事にしています。特徴としてはリモートの人も多いですね。エンジニアは特にそうなんですけど、家から働いたり、旅行先から働いたりしています。

 会社員時代の働き方とは大きく変わりました?

須藤 そうですね、例えば大企業だと「会社として大事にしなきゃいけないこと」がいっぱいあると思うんですけど、ゼロから会社を作るとしたら、何でもフレキシブルにできるじゃないですか。それと、しがらみが何にもないのもよかったです。「リモートワークいいじゃん」って言ったら大阪から働いてくれる人が来てくれたり、京都から働いてくれる人が出てきたりとかしたのはすごくよかったですね。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら