[アイランドリーグ]
愛媛・弓岡敬二郎監督「好調支える扇の要・宏誓の成長」

正田、バレンティンの加入で投手陣充実

 最下位に沈んだ前期から一転、後期は首位争いを演じています。その要因は何といってもピッチャー陣の充実が大きいでしょう。途中加入した正田樹が先発の柱となって後期は4勝(1敗)をあげ、小林憲幸と2本柱ができました。広島の育成選手で派遣された辻空も、ようやくNPBの実力を発揮してきており、先発陣が充実してきました。

 先発がゲームをつくり、リードすれば、最後は抑えのホセ・バレンティン。勝ちパターンが固まったことでチームがひとつになって戦えています。

 正直、チーム状態は夏場の連戦が続き、決して良くありません。8月12日からの5試合では、得点はわずかに6。それでも、3勝1敗1分と勝ち越せたのは、ひとえにピッチャーの踏ん張りのおかげです。そんな中、17日の高知戦で櫟浦大亮がサヨナラホームランを放ったように、前期にはなかった勝負強さを選手たちが身につけてきています。

7月は得点圏打率.545、1本塁打、11打点とチャンスに強かった宏誓。

 ピッチャー陣を引っ張る上で、キャッチャー宏誓のリードぶりも評価できます。前期はなかなか勝てなかった反省を踏まえ、他球団の攻略ポイントを自分なりにつかんでくれました。リードが上達するに伴い、バッティングも相乗効果で良くなっています。相手の配球を読み、7月は38打数20安打、打率.526。バットを振ればヒットという状態で月間MVPに輝きました。

 結果が出ていることで、いい意味での余裕ができ、好プレーにつながる。そんなサイクルが生まれているのでしょう。この暑さで少し調子は落ちていますが、残り試合も彼が扇の要として頑張ってくれることを期待しています。