2014.08.22(Fri) 岡田 真理

リバウンド知らず! アルコールを置いたトレーニングジムの意外な効果

筆者プロフィール&コラム概要
運営するスポーツジムにアルコール類を置く澤木一貴トレーナー

東京・新宿区にあるSAWAKI GYMは、アディダス パフォーマンス トレーニングの教育ディレクターでもある澤木一貴トレーナー運営のパーソナルトレーニング専門ジムだ。

昨年10月に高田馬場から移転しリニューアル。競技力アップ、ダイエット、ボディメイクなど様々なプログラムを提供しており、プロアスリートはもちろん、20代の若い女性、キッズ、シニアと幅広い層のトレーニング愛好者が通っている。

このトレーニングジムにはプロテインやBCAA、グルタミンなどのサプリメントを提供するバーカウンターが併設されているのだが、メニューをよく見てみると、ほかにもCorona、SINGHA、青島ビールや日本の缶ビール、そして赤ワイン、白ワインなどの文字が。

このジムでは最近、トレーニング後にアルコールを楽しむ人が徐々に増えているというのだ。

アルコールのメリットを活用し、モチベーションアップ

「僕自身がビールが大好きで、体を動かしたあとに一杯グイッとやりたいなと思ったので作っちゃったんです」と澤木トレーナー。このために食品衛生責任者の講習を受け、資格を取得した。しかし、せっかくトレーニングをしたのに、直後にアルコールを摂取してしまっていいものだろうか。

「アルコールが筋肉にとっていいか悪いかといったら、やはりマイナス面のほうが大きいです。ですから、プロのアスリートや究極なレベルまでボディメイクしたい方には勧めません。でも、姿勢をよくしたい、筋力や柔軟性、バランス力をつけたいという一般トレーニーの場合には、口にするものをそこまでストイックにする必要はないというのが僕の考えなんです」

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

(おかだ・まり) スポーツライター、NPO法人ベースボール・レジェンド・ファウンデーション代表。1978年生まれ。立教大学卒業後、カリフォルニア大学エクステンションにてマーケティングのディプロマを取得。帰国後はプロアスリートのマネージメントに従事し、後にライターに転身。現在はアスリートのインタビュー記事を執筆する傍ら、ベースボール・レジェンド・ファウンデーションを運営している。


アスリートと「食」

自らのカラダに細心の注意を払うトップアスリートたちは食生活にもプロフェッショナルである。アスリートにとってもそうでない人にとっても役に立つ、スポーツ選手たちの食に関するエピソードを、自らもプロ選手のマネジメントに携わった気鋭のライターが紹介する。