ローカルからリージョナルへ。オレゴン地方局が挑戦する、ローカルメディア連携のかたち
米オレゴン州ポートランドにあるOPB本社

地域に根付く非営利放送局

米国では、非営利の公共放送テレビネットワークPBS(公共放送サービス)やラジオ放送局NPR(ナショナル・パブリック・ラジオ)を中心に、それぞれの地域に根ざした非営利放送局が各地に広がっています。

OPB(オレゴン・パブリック・ブロードキャスティング)は、「コミュニティに"声"を与え、オレゴン近隣の人々をつなぎ、より広い世界に光を当てる」をミッションとし、オレゴン州のほぼ全域およびワシントン州南部をカバーする、非営利放送局です。1922年、オレゴン農業大学(現オレゴン州立大学)の物理実験の一貫としてオレゴン州コーバリス(Corvallis)に創設されたラジオ放送局KFDJ-AMから発展し、「ピーボディ賞(Peabody Award)」や「デュポンコロンビア賞(Alfred I. duPont-Columbia Awards)」など、米国の伝統ある数々のメディア賞に輝いた実績を持っています。

オレゴンの州都ポートランドにあるOBSの現本社には、テレビスタジオやラジオブースが併設され、製作部門や編成部門など、合わせて約200名が勤務。

Oregon Experience」や「Oregon Art Beat」といった、地元オレゴンを舞台とする自主製作番組のほか、PBSやNPR、BBC(英国放送協会)から調達した番組コンテンツを放送し、オンラインニュースメディア「OPBnews.org」、音楽ストリーミングサービス「opbmusic.org」など、オンラインメディアの運営にもたずさわっています。

ポートランドのOBS本社地下一階にあるテレビスタジオ
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら