企業・経営 シンガポール
クラスター別に分かれたシンガポールの日本人社会~組織や肩書きを超えたフランクな交流を!

PHOTO by Getty Images

海外で結束しない日本人たち

シンガポールの日本人社会は巨大だ。外務省の最新統計では2万7千人を超え、ロサンゼルス、上海、NY、バンコクに次いでシドニーと5位を争っている。アジアではバンコクに次ぐ大きさだ。

これは世界中の日本人社会に言えることだが、私の印象では、その内部がクラスター別に分かれている。海外での日本人社会という大きなくくりの中で、多くの人が家族や会社単位という非常に狭い世界に留まっており、せっかくのご縁を分断してしまっているように思う。

シンガポールの日本人社会は、大別すると以下のようなクラスターに分類され、それぞれがその中での交流に終始している。

・政府関係者・大企業駐在員クラスター
・起業家クラスター
・半引退富裕層クラスター
・ローカルスタッフ(外資系含む)クラスター
・留学生クラスター
・長期移民風クラスター

もちろん、各クラスターを自在に行き来する人もいないわけではない。だが、たいていは特定のクラスター内で交流し、他のクラスターとはほとんど交流がないようだ。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら