[MLB]
杉浦大介「メッツ、トンネルの向こうに光は見えたか」

近い将来は投手王国へ

ハービーの順調な回復はファンに希望を与えている。

「ブルペンでの状態は良かった。90マイル台前半から中盤くらいまではラクに投げられるように感じたよ。まだやるべきことは残っているけど、少しでも早く復帰したいという気持ちに変わりはない」
 8月14日、ESPNラジオのインタヴューに応えたマット・ハービーのそんな言葉を聴いて、来季への希望を膨らませたメッツファンは多かったはずだ。

 去年のオールスターで先発しながら、その後に右肘の痛みを訴え、トミー・ジョン手術を余儀なくされたハービー。実力と華を兼ね備えたエースが、2015年には全開で戻って来れるかもしれない。

 今季も57勝65敗(現地8月14日現在)と苦戦を続けるメッツは、8年連続のプレーオフ逸も濃厚。しかし、直近の35戦では19勝16敗という数字が示す通り、好材料も決して少なくない。

デグロムはNYの新たなセンセーションになりつつある。

 6月にデヴューしたジェイコブ・デグロムは最新の8先発で防御率1.73を残し、新たなエース候補として名乗りを挙げた。これで前記のハービー、デグロム、ザック・ウィーラー、ジョナサン・ニース、ディロン・ジーと優れた先発投手がズラリと揃い、さらに3Aではハービー、ウィーラー以上の素材と呼ばれるノア・シンダガードも出番を待っている。

 ブルペンでもヘンリー・メヒーヤ、ヘウリス・ファミリアが台頭し、ハービーと同じく右肘に手術を受けたボビー・パーネルも来季には復帰してくる。このように先発、ブルペンの両方に若いタレントがひしめいたメッツは、近い将来に投手王国となる可能性も充分ある。

 野手ではルーカス・デューダ、トラビス・ダーノウが芽を出し、ファン・ラガレス、ウィルマー・フローレス、マット・デンデッカーといった若手も成長している。あとはショートストップとレフトのメンバーが確立すれば、本当にプレーオフが争える陣容が整う。長期視野での“再建”を続けるメッツが、確実に前に進んでいることは間違いないだろう。