第二次世界大戦中のユダヤ人問題を、6歳の息子に説明するためには
〔PHOTO〕gettyimages

6歳の息子は、ひらがなとカタカナと少々の漢字を読む。家の本棚を見て「これ、なに?」とか「どういう意味?」と聞かれることが増えてきた。説明が容易でない場合は「あとでね」と答えるが、何度か問われるうちに、子どもにも理解できる言葉で話すようになる。この年頃の子どもに話すのに適切な言葉を慎重に選びながら。

「いえるされむのあいひまん、ってどういう意味?」と聞かれた時、最初は「ちょっと待ってね」とかわしたが、後日、電車の中でもう一度聞かれたので腹をくくって説明した。『決定版 心をそだてるはじめての伝記101人』(講談社)で 「アンネ・フランク」について読んでいた6歳児には、おおよその意味が分かったようだ。

自分の政治信条を貫くことだけではすまない難しさ

そんな息子と毎週末のように、地元の図書館へ行く。建物は古く蔵書も多いとはいえないが、混んでいないのはありがたいし、私たちに必要なものは大抵そろっている。ある週末、子ども用の低い机に向かい、恐竜の図鑑を眺める息子の隣で、私は『ユダヤ人を救った動物園』(亜紀書房)を読んだ。

ナチス・ドイツ支配下のポーランド。首都ワルシャワ近郊の動物園で、300人ものユダヤ人を匿い、その命を救った動物園長夫妻の物語だ。表紙にある「ユダヤ人」という字の並びを見た息子は「これ、アンネ・フランクの話?」と聞いてきた。「そうだね。アンネは隠れていた場所を見つかって殺されてしまったけれど、これは、動物の毛皮に人を隠して助けた人の話だよ」という説明にうなずいていた。