特別読み物 小松大谷ナイン、監督の話に記者も思わず涙ああ、甲子園は遠かった
9回裏8対0から、勝利は逃げた……

「もはや勝ったも同然、これで甲子園に行ける」。そう思った時から悪夢は始まっていたのかもしれない。なぜ高校史上に残る大逆転劇は起きたのか。敗れた選手たちの証言を元にあの試合を振り返る。

永遠に終わらない気がした

打球がレフトの頭上をこえ、サヨナラ負けが決まった瞬間、小松大谷の2年生左腕・木村幸四郎は、マウンドに立ち尽くした。

「悔しいというより、3年生に申し訳ない……その気持ちしか頭に浮かびませんでした」

監督を務める西野貴裕(39歳)は、29年ぶりの甲子園出場が絶たれたその時、「野球の神様」の声を聞いた気がしたという。

「『お前らに甲子園はまだ早いよ』って。しかし神様は、甲子園を目前にしてなぜこれほどまでの試練を与えるのか……。選手になんと言葉をかけたらいいのかと、呆然としました」

夏の高校野球、石川大会決勝。松井秀喜を輩出した伝統校・星稜を相手に、小松大谷は最終回まで8対0と大きくリードし、悲願の甲子園出場は目前だった。ところが9回裏に星稜の猛攻を浴び、瞬く間に点差は縮まっていった。打者が一巡し、13人目で勝負は決した。9回裏、8点差をひっくり返すという、地方予選決勝では史上最大となる大逆転劇だった。

およそ20分も続いた9回裏の守りは、西野にとって悪夢のような時間だった。

「このまま永遠に続くのではないかと思うほど、とにかく長かった。パニックに陥っていたわけではありません。伝令を送り、選手たちを落ち着かせようとしていたつもりですが、『早く終わってくれ』と誰より願い、焦っていたのは私だったかもしれません」

とうてい予期できぬ展開だったのは、勝った星稜の監督・林和成も同じだった。

「こんなこと選手にはもちろん言いませんが、4回に7点差になった時点で今年は(甲子園に)縁がなかったなと思いました。もう一度やれと言われても、できるゲームではありません」

サヨナラの直後、喜びを爆発させて抱き合う星稜ナインのかたわらで、小松大谷ナインは黒土に伏して涙に暮れた。

先発したエース山下亜文をリリーフした木村は悪夢の9回について監督の西野と真逆の印象を口にした。