[サッカー]
田崎健太「日本リーグ最後の得点王」

カズそしてトニーニョが育ったジャウー。撮影:田崎健太

 トニーニョこと、アントニオ・ベネディッド・ダ・シウバトニーニョはJリーグ草創期を華やかに彩った外国人選手の1人だった。
 トニーニョは1965年、サンパウロ州のカンピーナスで生まれた。頭角を現したのは、同州のジャウーにある、キンゼ・デ・ジャウーというクラブの下部組織だった。
 サッカーに多少詳しい人ならば、このクラブに聞き覚えがあることだろう。そう、三浦知良が所属していたクラブである。

トニーニョを日本へ導いたキング・ファーザー

「カズとぼくはキンゼのジュニオール(18歳以下)の一員としてタッサ・サンパウロという大会に出場した。確か初戦を落としたはずだ。そこで監督がメンバーを大幅に入れ替えたんだ。そこで控え選手だったカズが入った。ぼくはずっとレギュラーだったので、緊張した面持ちのカズに“落ち着け”と声を掛けたことを覚えている」

 その後、トニーニョは85年にポルトゲーザのトップチームとプロ契約を結び、89年にはブラジル代表にも招集された。
 ブラジルでは次々と才能ある選手が産まれてくる。ちょっとした運と巡り合わせに恵まれなければ、能力ある選手も埋もれてしまう。トニーニョは90年にはポルトゲーザからグアラニ、91年にはフラメンゴへと移籍したが、目立った結果を残すことはできなかった。

 彼の運命を大きく変えたのは、三浦知良の父、納谷宣雄だった。
 納谷は拙著『キング・ファーザー』(カンゼン)にも書いたように、日本のサッカー代理人の草分けである。

 当時、日本サッカー界はJリーグ創設へ動きはじめていた。納谷は以前からブラジル人選手を日本リーグのクラブへ紹介していた。プロ化に伴い、納谷の仕事は増えていた。
 トニーニョはキンゼ・ジャウーで納谷の知己を得ていた。日本で成功するには、サッカーの技術はもちろんだが、異文化を受け入れる前向きな姿勢が大切である。明るいトニーニョにはその資質があった。91年夏、納谷はトニーニョを読売クラブへ連れて行くことにした。

「読売クラブに来たとき、誰もぼくのことを知らなかった。ところが、初戦の中央防犯戦で5得点を挙げたんだ。結局、シーズンを通して18ゴールを挙げて、日本リーグ最後の得点王になった。読売は契約延長を申し出たんだけれど、清水エスパルスに行くことにした。みんな忘れているかもしれないけれど、アルシンドやビスマルクたちは、Jリーグになってから日本にやってきた。その前から日本にいたのは、ぼくとジーコなんだ」

 Jリーグ前哨戦となった92年のナビスコカップで清水エスパルスは準優勝という成績を残した。日本リーグのチームを母体としない新設クラブの躍進は、関係者を驚かせることになった。その立役者の1人がトニーニョだった。