ジョセフ・スティグリッツ―格差は必然的なものではない
『現代ビジネスブレイブ グローバルマガジン』---「ニューヨークタイムズ・セレクション」より
〔PHOTO〕gettyimages

アメリカの巨大な格差はいかにして生まれたのか

過去3分の1世紀の間に、ある有害な傾向がじわじわと進んだ。
第二次大戦後、ともに成長してきたアメリカがばらばらになり、2007年末の大不況に襲われると、アメリカの経済状況の著しい特徴となった分裂を、もはや誰も無視することができなくなった。この「輝ける丘の上の町(※)」アメリカは、いかにして最大級の格差を抱える先進国となってしまったのだろうか?

トマ・ピケティの時宜にかなった重要な著書である『21世紀の資本論』によって発展した驚くべき議論の流れのひとつは、富と所得のひどい格差は資本主義固有のものだ、という考えに落ち着く。彼の理論によれば、第二次世界大戦後、数十年間に急激な格差が解消された時期こそ、異常と考えるべきなのだ。

これは、ピケティの業績の表面的な読み方にすぎない。『21世紀の資本論』は長期にわたって格差が深刻化したことを理解するための制度的文脈を与えてくれている。あいにく、彼が解く制度的な部分の分析は、運命論的に思える側面があるがゆえに、注目されることが少なかった。

この1年半の間に司会役を務めてきたニューヨークタイムズの「巨大格差」シリーズで、私もピケティと同様に、資本主義には何らかの基本法則が間違いなく存在する、という考え方を根底から揺るがすさまざまな実例を提供してきた。19世紀の植民地資本主義の発展パターンは、21世紀の民主主義国には無用である。アメリカがこれほどの格差を抱える必要などないのだ。

(※)特別な存在・理想の国としてのアメリカを指す言葉。17世紀に清教徒を新世界に導いた政治家ジョン・ウィンスロップの言葉。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら