『反骨の公務員、町をみがく』 故きを温ね新しきを知る

レビュー:山本 尚毅

どの分野にも領域にも、先人の積み重ねた努力や科学的な発見がある。決して華やかではない公務員の仕事にも、いぶし銀のように輝くストーリーが存在する。愛媛県内子町にも過疎化や高齢化が盛んに叫ばれる前から、現場で熱く奮闘し、冷静な目で地元の未来を考えてきた1人の公務員、岡田文淑がいた。

1940年生まれ、内子町にある子どもに恵まれなかった一家に養子として出された。高校を卒業後、地元の郵便局に臨時職員として勤めはしたが、仕事に魅力を感じず、すぐに退職。たままた公務員の試験を受け、合格。今でこそ、羨望の職である公務員だが、当時は銀行・電力・郵便局はおろか、農家よりも人気も給与も少ない職種だった。村に残らざるを得ない旧家の長男やぼんぼん、縁故採用がほとんどのなかで、岡田は試験採用第一号だった。

仕事はそこそこに組合の活動に熱中していたが、30歳のとき、新設された観光係に配属となった。能力を期待されての移動ではなく、左遷である。そこから、岡田による町並み保存活動がスタートした。まずは全国にいた先人たちにアドバイスを求めて、全国津々浦々をポケットマネーで旅して、各地の豪傑や有識者の話に耳を傾け、街を見て歩いた。民俗学者の宮本常一にもアドバイスを求めたが、真っ正面から冷や水を浴びせられた。

"町並み保存なんてばかなことはおやめなさい。私は全国を歩いて内子も何度も行っているが、あんな山をいい加減に荒らしておくような民度の低い住民に、町並み保存なんて、もっとも高度に文化的なことができるわけがない"

差別的な言葉に発奮して、むしろ励ましだと勘違いした岡田だったが、実際に町に入って、一軒一軒、説得工作のために歩き回って、民度の低さに驚いたという。しかし、住民側にも言い分がある。町並みを整備すれば、規制により、自分の意に添った修理、修景、増改築を含めたいっさいの行為ができなくなる。高度成長の最中で、メディアで喧伝される新しいライフスタイルへの憧れが刷り込まれ、自分の生活をよりよくしたいという住民の強い期待があった。また、全国の自治体は町並み保存よりも、山を崩し敷地造成することで企業や工場誘致を競い合っていた。スクラップ・アンド・ビルドが町づくりの基本として考えられ、町並み保存には強い逆風が吹いていた。

しかし、情熱を持って取り組み、「あなたが担当なら信用する、よしわかった」と言ってもらえる公務員を目指して、地道に説得を続けた。町並み保存に関心が強い首長を担ぎだしての選挙、写真コンテストの企画や研究会をスタートさせるなど、トップからもボトムからもアプローチを続けた結果、1982年、全国で18番目の重要伝統的建物群保存地区に選定された。

"本当の功労者は保存地区の住民なんです。住民の財産を、住民のみなさんの意志で残そうというのだから、すごい話です。僕などそのただのお手伝いでしょう"